Results tagged “Event”

Nov 012015

一日遅れのハロウィン in 松陰神社のみの市

今日の私

毎月第一日曜日の蚤の市。それと保育園のハロウィンパーティが重なりまして、一日遅れではありますがこんな感じで宣伝兼ねつつつ、路上で子どもたちにお菓子を配っておりました。
すごく泣く子もたまにいたりして、申し訳ない気持ちになりました。

Oct 312015

死刑執行中脱獄進行中

ギリギリセーフ(^_^;)

うっかりしてて危ういところでしたが、ゲットしました。
楽しみー。

Oct 272015

餃子道 Vol.2

今回も様々な餃子がエントリーしました。
お腹一杯

image
image
image
image
image
image

Oct 252015

コスプレ夫婦 in 維新祭り

2015-10-24 11.08.39

今年は折角地元でこんなお祭りやってるんだから、楽しまなくっちゃ損だ!ということで、夫婦で和装参加。

私の羽織、袴はヤフオクで購入。半襦袢などが間に合わなくてきちんとした呉服屋で購入したので総額1万円超えていますが、きちんとオークションなどで精査すれば一式1万円以内で収まるはず。
来年は地元のみんなで和装!花魁だ!くのいちだ!と盛り上がっておりましたが、どうなることか・・・。

面白く無いとぼやくより、自分が愉しむためにできることをやったほうが面白いし楽しいということを子どもたちに感覚的に理解してもらえたら良いなぁと思う。
人生は楽しまなくっちゃ損ですよっと。


Oct 182015

三茶大道芸 2015

image

三茶大道芸。年々お客さんが増えてきて、パフォーマンスを見るのも大変。
昔は通りの中でパフォーマンスしているのをふらっと足を止めて眺めるという感じだったのが、ここ数年、事前に席取りをしないと見ることが難しい状態。(特に子供)
予定調和とフォーマットができつつある感じで、少し残念な気持ち。

ということで、今年はあまりパフォーマンスを見ないで、アートフリマの方を中心に散策。
Qの篠川さんという方のフェルトのアライグマの帽子を次男がいたく気に入って欲しいと懇願するので購入しました。
フェルトで作られた作品は、落書きが現実世界で動き出しているような異次元感があります。
型くずれしたり、虫に食べられたりすると注意を受けましたが、それでもその独特の世界観は捨てがたく、大枚はたいて購入する価値はあるかなーと。

オンラインでも購入できますので、ご興味ある方はどーぞ。

Continue reading 三茶大道芸 2015.

Oct 132015

針とアヘン / Needles and Opium

image

観てきた。
舞台装置に投入された知恵と技術のバランスと融合の精度が非常に高い。
話自体はまぁコクトーというよりは、マイルス・デイビスとジュリエット・グレコ中心で、ジャン・コクトーはちらっとという感じで、舞台表現に重きを置いた内容だな―という印象(すまそん)

しかし色々インスピレーションを頂ける良い観劇でした。

世田谷パブリックシアター『Needles and Opium 針とアヘン~マイルス・デイヴィスとジャン・コクトーの幻影~』10/09-12世田谷パブリックシアター | しのぶの演劇レビュー

Oct 042015

松陰神社のみの市 201510

2015-10-04 10.30.26

毎月恒例の地元商店街ののみの市。
今回もレモネードと不要品で参加。
朝の草取りでヒキガエルに遭遇

image

先月のスイカウォッカ。冷凍保存されていたもののをシャーベットとして披露。
なかなか好評でしたっす。(しかしアイスクリームとして・・・)

Sep 302015

解体新書 その弐拾伍『解析』~伝統芸能×テクノロジー~

Sep 292015

ポートランド"シティ・リペア"とわたしたちの町のこれからを語ろう

Aug 152015

エヴァンゲリオン展

image

image

エヴァンゲリオンはあまり詳しくありませんが、学ぶべきこと多く、身が引き締まる展示でした。
きちんと映画を見ようと思います。
文字組素敵だな~と思ったら、アートディレクションは祖父江さん。(^_^;)

Jul 052015

松陰神社通りのみの市

小雨が降ったり止んだりですが、松陰神社商店街の蚤の市でレモネードを売っております

小雨がチラホラ降ってましたが、今回も子どもたちがレモネードを売ってまいりました。
今回は雨ということで、アリクさんの軒先を貸していただき、初めての路面展開。
路面展開の影響がどうでたか?は雨の影響もあって正直よくわからなかった。

原価率は2回目ということで、少し上がったようです。
ただ、小慣れてきた部分もあり、遊びたくなる年頃でもあり、提供サービスの品質に劣化が見られつつあります。
まぁそこを口で言ってもわからないだろうから、一度信頼を失墜した結果を体感しなくてはその辺理解できないかもしれません。


Continue reading 松陰神社通りのみの市.

Jun 282015

セタブンマーケット

家族でブラっと。
ネイチャーコラージュのワークショップで子供と一緒にモソモソ謎なオブジェを作ったり、中国の謎めいたトランプ牌をゲットしたり。
公園でお弁当食べて、もやーんと帰宅。のんびりした日曜日でした。

セタブンのフリマ

image

Jun 252015

山口小夜子  未来を着る人

Jun 222015

デザインの死角

プロセスでなくリザルト

近所に行く用事があったので、gggで行われているライゾマさんの展覧会に行ってきました。
もう少しプロセスが表現として利用されているのかと思いましたが、結果のほうが多かった。
ただ紙出力でこういう統計表現はあまり見たことが無かったので面白かった。

個人的にはこの統計表現から違う次元の表現に展開するとかあったら面白いな―と感じた。
(音に変換するとかかしら?)

Jun 182015

敦―山月記・名人伝

image
野村萬斎の「敦―山月記・名人伝」を観てきた。
最小の構成で、動きとライティング、そして知恵で世界を構築する舞台の世界はとても面白い。
夢と現実の境界が曖昧になるのは毎度のことですが、山月記は時に激しかった。

後で知りましたが、ライゾマさんが舞台演出で参加されていたとのこと。
おそらく名人伝の体の形にあわせて映像表現を重ねていたところかな?
よくわからなかったけれど・・・。

何にしても深く浸れて良かった

Jun 072015

モノを売ること、買うこと、そしてお金を稼ぐこと

今日は松陰神社商店街でレモネードを売っていますよ

先日地元の松陰神社商店街の蚤の市にレモネード屋さんとして出店しました。
主役は子どもたち。

仕入れから仕込みまではワイフと二人でやりましたが、当日の販売は原価計算から、損益分岐点などをざっと説明して、長男とその友達の女の子にチャレンジしてもらいました。
キッカケは長男のお金に対しての感覚が、作業に対して対価が確約された「お手伝いのお小遣い」になっていることが、果たして彼らの将来に良いことなのだろうか?と疑問を感じ、「お金を稼ぐ」という資本主義における「生きる」ことの根幹を早めに体験させておいたほうが良いかなーという漠然としたものでした。

Continue reading モノを売ること、買うこと、そしてお金を稼ぐこと.

May 312015

カヤック


去年の大会後に練習を誓って、この一年何もしなかったカヤック。
今年から年齢制限をクリアした長男も参戦。昨夜の地震で嫁と長男が大崎で立ち往生したり、嫁がトンビに弁当とられたりと色々ありましたが、無事完走。
記録は去年より9分遅れで、ブービー賞(涙
私が方向を見誤ってコースアウトしたのが原因なんです。すいません。

Continue reading カヤック.

May 192015

綱島ラジウム温泉 東京園

ペタリ

5月末に閉園と聞いていたのだけど、急に5/19に閉園という情報を耳にして急遽訪問。
何人か知人に出会ってヤイノヤイノ。こんなところで知人に合うのも不思議な感じ。
素敵な場としての空間がまた1つ消えてしまいました。

どうも園長の最後の挨拶を聞いていると、結構強制的な立ち退きだったような印象を受けましたが、実際どうだったかは不明。

DSCF6226
DSCF6232
DSCF6236
DSCF6249

Continue reading 綱島ラジウム温泉 東京園.

May 172015

トウレプ 2015

チャコガエルの可愛さは異常

今年も行ってきました。
ワイフと次男はどうやら苦手らしく、今年は長男と2人で参加。

長男は飼いたくてたまらないらしく、その場で購入しそうな勢い。
アルビノ系のヘビとかトカゲが気になるらしく、色々見ていたけれど、フクロモモンガを観た瞬間に虜になっておりました。

ちなみに今年は、フロアが拡張されて、通路がゆったりしたレイアウトになっておりました。
出展傾向はヤドクガエルはほとんどおらず、フクロウブームの影響か鳥系のブースが多かったです。(カワセミを販売しているのを初めて見た)
個人的なヒットはチャコガエル。飼いたい・・・

Continue reading トウレプ 2015.

Apr 252015

早稲田大学

1-2015-04-25 17.21.46
初めて早稲田大学。古い建物が多く歴史を感じた。

こちらのプログラムに参加させて頂いております。WASEDA-EDGE 価値共創デザインプログラム「2015春(前期)未来創造デザイン:実践」
さて、どうなることやら?

しかしまぁ自身のコミュニケーションのアジリティの低さを再認識したw

  1 2 3 4 5 6  

Search and Archives

Tags