Results tagged “Flash”

Jun 122004

Macromedia Flash Remoting for Flash MX 2004 ActionScript 2.0

thFlash.gifMacromedia Flash Remoting for Flash MX 2004 ActionScript 2.0
さてやっとAS2版コンポーネントリリースです。
日本語版はまだなさげ、とりあえずDLして後でインストールする。ということでメモ。

Jun 072004

Font Manager component

thFlash.gifメモメモ
shared fonts manager for AS2がリリース
FONTMANAGER AS2 para Flash MX 2004
shared fonts manager
確かにフォントのこういう使い方は便利といえば便利。ソースをまだキチンと見ていないのであれですが、独自Classではなくビルトインクラスに追加とかの方が便利な気もするけど、それは難しいのかな?まぁ日本語フォントでやったら死ぬだろうな・・・。使用している文字だけを渡してくれるような仕組みがあったらうれしい。(Generatorでできたのかな?)

Jun 022004

KineticFusion

040602.gifKineticFusion
swf と XMLを相互に変換するJAVAベースのアプリ。SWFはMacromediaから仕様が公開されているので、色々とSWF生成ツールが作られているのだけど、これはSWFからXMLを生成し、それをXMLベースで修正してSWFに戻すことができます。これを使えばサーバ上で動的にSWFを生成することも可能だと思われます。(サーバに登録しないといけないとはおもいますが・・・)MINGとかGENERATORとかそんな感じでも使えるかなと・・・。XMLベースで出力してくれるというところが色々な可能性を感じさせてくれます。
ということでメモ。
[参考]Alexis' SWF Reference / Alexis' SWF Reference / OpenSWF.org / Flashing Without Flash / SSWF / Flash 輪講第 1 回資料 - KineticFusion

Jun 012004

FLASH OOP

4798106119.jpgFLASH OOP
Flash OOPJapan (著), Bascule Inc. (著), 加藤 達雄による日本初(?)のFlash OOP本。
6/16発売です。とりあえず予約しとけ!
なんか帯に「中村勇吾」という文字が見えるのが気になります・・・w
----
タカギさんから教えてもらったMoockの本も上に上げておきます。
0596006527.jpgEssential Actionscript 2.0 / Colin Moock (著)
英語ですけど、スクリプト見てる分には英語も日本語も関係ないので問題ないでしょう。あえて言うとOreillyの本は日本語になると逆に意味が分からなくなるかもしれません・・・。Flashの神が書いた聖書として魔除けのためにもっておいても損はないかと・・・。

Jun 012004

wmode

thFlash.gifIE6でFlashの再生がちょっと遅くなったんじゃないか?とかいう話は前々からありましたが、それの関連でメモ。
Bazooka: "FLASHのFPSを正常に"
背景透明化(IE6だけ)のパラメーターを設定すればいいそうです。

<param name="wmode" value="transparent" />
へぇー。 参考:FLASH-JP:フレームレートが落ちてしまいます

May 242004

flash remoting

thFlash.gif今まで検証環境が無くって試すことができなかったremoting。ちょっと仕事の兼ね合いで色々検証中。しかしremotingは高いのでサードパーティのヤツで検証(汗)しかしwebServiceConnectorとか使ってWEB Serviceにアクセスすることと何が違うのかいまいちわかってない(涙) ということで諸々メモ。
AMFPHP
Flash Remoting for PHP (AMFPHP)
FlashORB
NazunaAMF
OpenAMF
FLAP

May 222004

外部クラスのevalの挙動とか

thFlash.gif既出だと思うけど、一応自分のためにメモ。
AS1の時にどうだったか忘れたが、"_droptarget"なんかで取得した参照元の変換の際にevalのなかに入れる引数の挙動で四苦八苦。classをMovieClipに割り当てしてその中から変数管理している配列の中に格納されている参照元(_droptargetなどで取得したスラッシュシンタックス)を入れる際に

eval(this._parent.arrStg[this.id].mother)

てな感じで"this"を記述しないとうまく参照してくれない。AS1の場合は基本"this"表記だったのであまり気にしなかったけど、AS2だと"this"表記しなくても動作するので(したほうがいいのだろうけど)嵌まってしまった。自戒の意味も込めてメモw
しかし"targetPath","_target","_droptarget"となんでドットシンタックスとスラッシュシンタックスが未だに混合しているのか理由がいまいちわからん。どっちかにしてくれぃ。Propertyをドットシンタックスにすると無限連鎖するからかいな?あんま頭回っていません。
※ちなみに"aaa=targetPath(this);"とか定義する際に変数型ってなにになるのだろう?"MovieClip"?(確か一応動いたけどなんか内部の情報が無限連鎖したような・・・)
落ち着いてからの調査事項として保留。

May 202004

attachMovieにおけるClassコンストラクタへの初期Propertyの引渡し

thFlash.gifってやっぱ無理なんですかね?これ多分AS1の時にも似たようなことをやろうとしてできなくて、結局監視して対応したような気がする。この辺AS2でできるようになったのかな?ということで再度挑戦。
一応Docには

The properties specified with initObject are available to the constructor function.

と記述してあるのだけど、classのconstractorだとちとうまく動作しない。
たとえば

dynamic class MC extends MovieClip {
	function MC() {
		trace("MC class"+file);
		this.LT.loadMovie(file);
	}
}
みたいなのをMovieClip Objectにregistして
info = {file:"1.jpg"};
this.attachMovie("MC", "MC", 1, info);
みたいにしたとすると。"undefined"になる。ただまぁMCの1フレに"trace(file);"ってすればキチンと"1.jpg"って表示されます。Classのconstractorは引渡しの前に終了しているみたい。constractor関数に何かしらの引数とかで取得できたりするもんなんですかね?まぁフレームに記述すればよいだけなんですけど、できるならClassにまとめたいw 要望度強そうな感じの動作だと思うのですが、根本的なところでなにか見落としているのだろうか???

May 182004

アスペクト指向プログラミング

thFlash.gif最近ちらちらと耳にする「アスペクト指向」。トーサキさんのサイトでログを見つけてちょっとメモ。

アスペクト指向プログラミング
アスペクト指向プログラミングで、モジュール性を改善する
アスペクト指向プログラミング 関連情報

モジュール型 のプログラミングでは、ソースのコードからコンパイルされたコー ドへ単純なマッピングがなされています。コンパイラの最適化の効果を無視 すれば、ソースにおいて連続するコードは、そのまま計算機上で連続し たコードとなります。ソースの一行を変更すると、結果として、バ イナリコードに線形の効果を与えるといえます。アスペクト指向プ ログラミングを用いれば、ソースコードからコンパイルされたコードへの直接的 なマッピングという制約を受けなくなります。アスペクト指向プロ グラムのある一行の変更は、コンパイルされたコードに対して非線 形に効果を与えます。

んー良くわからんw。プログラムで線形、非線形とか言われてもさぱーりです。FlashだとSWFごとにClassを定義して親のSWFでそれらの挙動を監視するってことかか?まぁロギングという部分に関してはFlashやっていくうちにそれとなくやるようになっているとは思うのだけど・・・。それを管理というか、そもそものObjectへの命令発動自体を管理するってことかいな?しかしそれって結局Classの階層化という形である程度のモジュールとしては管理されているのではないか?とか・・・。自分でも何を書いているのか良くわからなくなってきた。言葉が難しくて馬鹿にはよくわからねぇ・・・。
指向についての議論とかは偉い人に任せて俺は手を動かしておこう改めて思ったw

May 172004

SE|PY updated!

040517b.gifSE|PY
なんかちょうどさっきアップデートされた報告受けたのでとりあえずDLして動作チェック中。まぁまだそんなに外部Classをきっちり使ってなし、Projectも使ってないのでそんなに出番はないだろうけど・・。

May 172004

UJIKO

040517.gifUJIKO
KartOO の新しいサービスらしい。もちっと見てくれとか表現の部分はなんとかなりそうな気がするけど。フィルタリングとかその辺の機能がついていて、ちょっと辞書って感じかなー。うーん、どうだろう?もちっと使っているユーザーのパーソナライズ化とかをSharedObjectとかで貯めて結果に反映させるとかしてくれるような感じだとうれしいのかなぁ・・・。KartOOと同じく面白いのだけど、実際使うか?といわれるともう一歩弱い気がする。

[参考]Flash フロントエンド検索サイト UJIKO

May 162004

deleteの疑問

thFlash.gifmacromedia flash mx 2004 livedoc "delete"
元々は"delete"自体のarrayに対しての挙動について疑問があったのだけど、その辺でちと見つけたのでメモ

Usage 3: The following is another example of deleting an object property.
// create an Array object with length 0
my_array = new Array(); 
// add an element to the array. Array.length is now 1
my_array[0] = "abc";
// add another element to the array. Array.length is now 2
my_array[1] = "def"; 
// add another element to the array. Array.length is now 3
my_array[2] = "ghi";
// my_array[2] is deleted, but Array.length is not changed
// 多分間違い > delete array[2]; 
delete my_array[2]; 
trace(my_array.length);
これの"delete array[2]; "は"delete my_array[2]; "だろうと。一体何を削除しているのか?と・・・。ただそれだけ。 で、どっちかと言うとこのサンプルの挙動(配列は存在しないがarray.lengthは不動。つまり要素と長さのミスマッチがおきる)が少し理解できなくて困っていたのだけど、まぁそれは"splice"使えよこのアンポンタン!ということで収束。 ちなみに
for (i=0; i<my_array.length; i++) {
	trace("#"+i+" / "+my_array[i]);
}
とやるとヤバメ。
for (i in my_array) {
	trace("#"+i+" / "+my_array[i]);
}
だとキチンと問題なく動作。ただし"for in"はソート順は保証されないとかいう話もあったと思うので(Objectだけだっけな)、任意のi番での処理が必要な場合はキチンと"splice"を使用したほうがよさげ。 ま、これFlash mxの時からあったことなんだろうけど、今まで気づかなかった。アホポンチン。

May 122004

ExifのRDF

thFlash.gif写真家のサイトを構築するさいに撮影情報をうまく管理できないか?ということで色々と防忘メモ。

Exchangeable image file format for digital still cameras: Exif Version 2.2 , 2002-04, Japan Electronics and Information Technology Industries Association, JEITA CP-3451
Exif形式の画像ファイル解説
写真/画像とメタデータ:ExifからRDFへ
Exif data description vocabulary

うぁーめんどくさそうw
進捗は追って追記していきます。

May 122004

MX2004 help正誤

thFlash.gifたまにMX2004のヘルプドキュメントに間違いを見つけるのでその辺自分のためにもメモしておく。
「外部 FLV ファイルを Flash ドキュメント内で再生するには 」

[原文]
// NetConnection オブジェクトを作成する :
var netConn:NetConnection = new NetConnection();
// ローカルストリーミング接続を作成する :
NetConnection.connect(null)
[正]
// NetConnection オブジェクトを作成する :
var netConn:NetConnection = new NetConnection();
// ローカルストリーミング接続を作成する :
netConn.connect(null);
ちなみに誤ったままのコードだと

**エラー** シーン = シーン 1, レイヤー = レイヤー 1, フレーム = 1 :行 4:参照されているプロパティには、静的属性がありません。 NetConnection.connect(null);

というエラーが出ます。ま、ふつーに考えれば分かりますが・・・。ちなみにlivedocではキチンと直っています。英語だけどこっちを参照したほうが確実かも。(http://livedocs.macromedia.com/flash/mx2004/main/11_exte8.htm)

May 102004

Array.sortOn()

thFlash.gif いまさらなのですが、sortOnのoptionはnumeric系だと明示的にドキュメントに記述されているのは

1 or Array.CASEINSENSITIVE 
2 or Array.DESCENDING 
4 or Array.UNIQUE 
8 or Array.RETURNINDEXEDARRAY 
16 or Array.NUMERIC 

ということで、numericは昇順の"16 / Array.NUMERIC"だけ記述されているのですがDescriptionを読み進めていくと

Performing a descending numeric sort on the age field produces the following results:my_array.sortOn("age", 18)

ということで"18"も存在することが分かります。ただこのstrings値はなになのかしら?と疑問に思いました。別に"18"で指定すれば良いのですが、なんとなく気になりましてね。だれか知ってる人いたら教えてください。
個人的には今XMLの特定のattributesもしくはnodeValueをキーにしてsortOnを実行できるClassをつくろーかなと思ったりしております。まぁなんかXML ObjectをArray化して、再びXMLに復元とかいう無駄げな手順を想定しているのですが、既存のもととかあるんでしょうか?

Apr 082004

ANA PASSPORT

040408b.gifANA PASSPORT
くどすぎず、シンプルにまとめられているけど、やわらかい感じ。日付を選択するインターフェイス部分とかも単純なカレンダーになってなくていい感じです。昔に同じようなことを考えたときに「座席」指定とかFlashだとものすごく便利ジャン!とか思ったのですが、そもそも飛行機って搭乗受付の時点で席を決めるんだっけ?なんかそういう座標要素に対してのI/OってところってFlashだとかなり簡単にできるのでそういう部分での流用がほしかったなあと思ったり思わなかったり。(日本地図はあるんだけど、それって一般的に座標していなくても、行き先自体を画面でみて選択なんてありえないしね)
インターフェイス上に展開するオブジェクトの形を見て要素(座標)を決定するってのはあまり需要としてないのかなあ?ホテルの部屋とか、劇場の席とか・・。ホテルで予約を入れるとその部屋のライトがつくとか、劇場だとその席に人が座っているとか・・・。もーどこかそういうのやって無いんですかね?

Mar 302004

日産デスクトップツール3

040330b.gif無事公開しますた。
日産デスクトップツール Ver.3(windowsのみ)
実質3週間・・・。皆様お疲れ様でした。
なんか今アクセスがすごくてサーバの動作がちょっと不安定らしいですが・・・Σ(・ε・;)


順次基幹Classの練りこみを行い汎用性を高めていきます。(デバッグ環境の整備も必要かなー。)EXTENSIONとしてまとめていければそれがベストですが、EXTENSIONの作り方がいまいちわかっておりません。ふーふー。

Mar 202004

Flash MX 2004 Professional : Reference

040319c.gifFlash MX 2004 Professional : Reference
メモメモ。
世の中にはすごい人がいるもんだなあ・・・・。感動しました。

gumonji
これはFlashではないですけど、コンセプトが面白そう。
まだよく遊び方がわからないですけど・・・。

Feb 182004

Flashによる不確定ブラクラの作り方

昨日探っていたブラウザクラッシュの問題がほぼ解明できたっぽいのでメモ。

今回の問題の内容はclass定義の際のプロパティの取り回しによってブラウザがクラッシュするものが発生するというもの。たとえば任意でclassを定義した際に、それらのプロパティを上位のXMLとかから継承して、かつ読み取り専用ってするってのは作業分散の時によくやるパターンですが、

function classProfile(id){
    this.addProperty("name",this.getName,null);
    this.$name =xmlName.firstChild.childNode[id].attributes[name];
}
classProfile.prototype.getName  = function(){
    return this.$name;
}

としたとします。これで

yamada = new classProfile(id);
<として山田さんの情報をもつprofileObjectを生成したときに、それらの初期プロパティ(今回は$name)をリセットするメソッドを追加したとして
classProfile.prototype.resetProf = function(){
    delete this.$name;
}
とdelete をするとブラウザがクラッシュする場合があるということです。今回はこの部分を単純に
this.$name =""

にすることで回避しました。今回は自分の環境ではまったく動作に問題がなかったので、切り分けに時間がかかった+十分な検証ができていない(代入値がnullならいいのか?とか)んですが、とりあえず初期プロパティをdeleteするとブラウザがクラッシュする場合がある(OSやPlayerのバージョン、ブラウザのバージョンなどの切り分けも不明、同じものでもなったりならなかったりしてました)ということでメモ。 デバッグに付き合ってくれた方々遅くまでありがとうございました。

Feb 082004

げんなり

一度組んだインターフェイスのデザイン修正とかかなり辛い。今まで設定していたオブジェクト名から全部修正して、座標も一つ一つ計算機で計算してから全部のパーツを一つ一つ手動で配置、普通に作る5倍の時間がかかる。それに伴うロジックも構造も全部組みなおし。精神的ダメージは大きい。今まで一つ一つ作ってきたものがまったく無意味な状態。非生産的だなぁ・・。凹む・・・。
いかんマイナス思考だ・・・。ポジティブシンキングで行かなくては・・・。
まだまだヘタレだなああ・・。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17  

Search and Archives

Tags