Results tagged “Myson”

Sep 052009

これがマジックです!


どこで覚えてきたのか分からないが、マイソンが手品にはまっている。
財布から硬貨を取り出して、色々やっている。

先日は消失マジックといって、お金を放り投げ紛失したので、
おやつ抜きというペナルティを差し上げた。

Sep 012009

bicycle

最近のマイソンは3輪車を自由自在に乗りこなしているが、体が大きいため少々窮屈そうである。そろそろ自転車購入するかなぁ・・とか考えていたら、ふとストライダー(ペダル無しの自転車)という存在を思い出したので調べてみた。


楽天のレビューを見ていると、2歳前から結構練習している人が多いっポイ。結構早かった、予想外。マイソンすでに3歳半。うーん、今更ストライダーなのか?悩ましい。2歳前に乗せてあげたかった・・・。スマヌ。


ただ補助輪自転車なんて2輪車の運転ロジックの間逆の操作性で意味不明だし、小学校に入るまでは子供同士で自転車で遊ぶこともないだろうし、そんなに遠くに行くこともないだろうから、ストライダーでも全然良いのではなかろうかって思っているが、そもそも補助輪無しで自転車乗れるようになるのは大体いつ頃だ?(自分がどうだったか思い出せない)

Aug 302009

お化け屋敷とか、2009年さよなら夏花火大会とか

今日は保育園の夏祭り。ということで夕方まで事務所で仕事して、保育園へ。
保育園の中で先生や保護者の方が模擬店を出店してくれていました。射的をしたり、ヨーヨー釣りをしたり、カレーを食べたり、プラ板キーホルダーを作ったり。そんな模擬店の一つに「おばけやしき」がありました。

マイソン「これなーに?」
オデ「お化け屋敷だよ」
マイソン「・・・・」
既にかなり怪訝そうな顔で見ています。
まったく入ろうとしません。
090829a.jpg
※お化け屋敷を怪訝な表情で見つめる

そのうち友達と合流してテンションあがってきて、勢いで「お化け屋敷」に入ることになりました。イケイケな感じで、「おばけ、やっつけてやる!」とかのたまっています。

さて中に入りました。暗い部屋です。ちょっと腰が引けていますが、友達も一緒の手前もあるのか、まだ景気の良い言葉を発しています。

お化け屋敷といっても子供向けなので、ちょっと怖そうな置物が並べてある感じです。そんなこんなで段々慣れてきたのか、置いてあるお化けとかを叩いたりと調子に乗ってきました。「こわくなーい!」とか叫んでいます。

お化け屋敷終盤。突然隠れていたお化けが「ワーー!」という声と共に飛び出してきました。

!!!!

子供たち:「ギャー!」

マイソンすごい勢いで回れ右して、逆走ダッシュ。オデと衝突してオデごと転倒。抱きしめるも、「ヤダヤダヤダヤダ!」と連呼し、猛烈な力でオデを突き放し、入り口に向かって疾走(まさに脱兎のごとく)し、入り口のドアを飛び出して行ってしまいました。

他の友達は一応出口から出てきました・・・。

その後一人でお化け屋敷の出口から中を覗き込んでいました。
何かしら思うところがあるのかもしれません。

まぁ実はオデも小さい頃デパートのお化け屋敷を逆走して脱走した経験があります。
へタレなのは遺伝かも知れません(汗



その後盆踊り。踊り好きのマイソンはアゲアゲな感じで、一人違う踊りを踊っています。最後は踊りの円の反対側にいる女の子たちのところまで走っていって、女の子たちの前で妙な踊りでアピールしています。まるで孔雀の求愛行動のようです。求愛が受け入れられているようには見受けられないのが切ないところですが・・・

ひとしきり踊って、保育園の夏祭りは終了。
その後なじみのお好み焼きやさんでお好み焼きを食べて、帰宅。

帰り道多摩川で花火が始まっていたので、帰宅後多摩川へ。

毎年シークレットで行われている夜光屋の花火大会でした。(いつもは9月1週目とかなのですが)砂被りというか、目の前で花火を打ち上げている特等席で観覧。



いつも思うのですが、通常の多摩川花火大会とかよりも花火の見せ方のセンスが良いです。色とか種類とかのアレンジがとても素敵で、とても美しい。多分花火もオリジナルのオーダーをしているのだと思うのですが、一ひねりしてある感じで素敵です。

来年で20周年ということで、もしかしたら最後になるかもしれないとのことでした。
ちょっと寂しい。

ということで夏休み最後の土曜日は色々イベント目白押しで終了。

Aug 052009

鴨川探訪 #2

090803a.jpg
2日目。
朝5時ごろ、クマ太と二人砂浜を散歩。波が結構強い。サーフィンには良い波だと思ったが、サーファーは一人も居なかった。岩場とかなのだろうか? 一度戻って今度はみんなで散歩。

090803c.jpg
先日湘南で海に惨敗したマイソンはやはり波の音が怖いらしく、一番海から離れた防波堤ギリギリを歩いている。干潮で出現した岩場まで抱いて連れて行って、ここにカニとかお魚が居るよと言ったらやっとこ自分でトコトコ歩き始めた。で、みんなで岩場で観察開始。ヤドカリ、カニ、魚、イソギンチャク、ウニなどを見つけて盛り上がる。

その後朝食を食べて、全員で海水浴場へ。
岩場の観察時にはなんとか平気だったマイソン。泳ぐ段になるとやはり波の音が怖いらしく、海に近づかない。周りで同じような年頃の子供が遊んでいても駄目。オレかワイフが海に入ろうものなら、「ギャーー!」と地団駄を踏んで泣き叫ぶ。どうもうちらが波に連れて行かれるのを心配しているらしい。

090803b.jpg

ガムを買ってあげるからといって、抱き上げて海に連れて行くも、全身硬直。足が海に使った瞬間絶叫。もう泡を吹いて倒れそうな叫び方をするので、止む無く退避。代わりにくま太に救命具を付けて海へ。クマ太は結構平気で泳いでいた。んが、まぁ手を離した瞬間岸に向かって一直線ってな感じだったけど・・・。

あまりにマイソンが海が嫌いというので、昼前に海から撤退。ペンションまで帰る途中で、同宿の人から「かわいそうなぐらい泣いてましたねえ・・」といわれた。まぁ海水浴場に居た人みんなが虐待なんじゃないかと思うぐらい泣いていたからなぁあ・・・。いつの日か一緒に海で泳げるようになることを祈ります。

昼食は近所の寿司屋さん。おいしいのかおいしくないのか良く分からず(汗
金目鯛の炙り寿司はまぁおいしかったかな?

その後お土産を買って、再びアクアラインへ。30分待ちだったけど、海ほたるに立ち寄ってみる。お犬様も同伴でみんなでちょっとブレイク。マイソンは望遠鏡で船をみてご満悦。お犬様はもう勘弁してくれみたいな感じでぐったり。

一度家に帰り、夕食にびっくりドンキーへ。初めてのびっくりドンキーはボリュームありすぎて引いた。あれは20代以下対象の店だ・・・。アラフォーにはしんどかった。

家に帰って家族みんなでバタンQ。
レジャーも体力消費が激しいです。
アラフォーですから。


Aug 052009

鴨川探訪 #1

住宅情報誌で異常な激安物件が排出される外房エリア。

東京を基点にして、西の神奈川、東の千葉。距離的、地形的にさほど差が無いように思うが、西の神奈川エリアが好印象である。そして不動産価格も段違いである。地形的に交通インフラの差があるのはやむなしとして、一体どれほどの違いが、これほどの価格差を生むのか?を一度みて見たいと思っていたので、今回の家族サービスは鴨川(ウソ

今回の車はインプレッサ。乗り心地は、ちょっとハンドル硬くて老人には辛かったw 20代なら逆にこういうのノリノリだったと思うけど、疲れたアラフォーは、も少しコンフォータブルが欲しい。

小雨ぱらつくなか、朝9時半ごろに犬たちも一緒に出発。しかし車での旅行に不慣れなため、忘れ物やらなんだかんだで、2時間ほど家の周りを行ったりきたり(汗 距離は全然走ってないけど、家の近所で精神的にすでに疲労困憊。

12時ごろやっと、川崎を離脱し、首都高、湾岸、アクアラインへ。
実はETC割引を見込んでいたのですが、誰もETCカードを持っておらず、ETCが使えないことが判明。普通に現金払い・・。 料金所が近づく度にETC装置が「カードがささっていません、エラーです」みたいな通知をするのが切ない。アクアラインも通常価格(汗

海ほたるにもよらず、姉ヶ崎方面の橋上も小雨でまったく景色が見えず、アクアラインを使ったメリットを感じないまま、一気に木更津まで。コンビニばかりで食事処が見当たらず、へんな味噌ラーメンショップみたいなお店で昼食。全国の味噌ラーメンの好きなものがセレクトできる、味噌ラーメンの王国みたいな店だった。味はよー分からんかったけど、まずくは無かった。ワイフは美味いと言っていたのでよかった。

15時前に鴨川あたりに到着。晴れとまでは行かないものの、小雨も上がりなんとか出来そうな天気に。宿泊場所は「ねじ式」の舞台といわれる太海。岬にありがちな、背面を山に控え、若干の平地に居住している感じの街。広島の島とか尾道の辺に少し似た雰囲気なのか、少し懐かしい感じ。

090802a.jpg
チェックインまでの間「仁右衛門島」というところを見学へ。ワイフは最初世界遺産だと言っていたが、千葉県指定名勝ってなぐらいだった。手漕ぎの渡しで島に渡るわけだけど、個人所有の島なので、犬は禁止。ということで、ワイフとマイソンの二人で船に乗って島へ行き、犬と波止場で留守番。海を上からみた感じレベルだけど、海水の温度が高めなのか少し魚の生態系が南よりっぽい感じだった。(と言っても伊豆の南ぐらいだろうけど)

島の見学を終え、宿泊先へ。海の目の前(というか河口?)のペンション。犬もなんとかOK。(パグはまぁ往々にして許可されるw) 犬様を部屋に叩き込んで、人間さま一同は鴨川シーワールドへ。ちなみに閉園まで後1時間ぐらいのハードスケジュール。ペンションの人にも、鴨川シーワールドの駐車場の人にも「今からだともったいないですよ」と言われるが、無視して5000円払って入園。

090802b.jpg
イベント系はほとんど終了していたからか、各ブースは人もまばらで、ほぼ貸切状態でのんびり観覧できた。(混んでいるときを知らんから分からないけど) イルカを手なずけびしょ濡れになったり、セイウチを心ゆくまで眺めたりして閉園時間。

(イルカの前で手を上げたら目の前でイルカがドンドンジャンプし始めた。)

その後ペンションに戻るまでの道で、謎めいたギャラリーを発見して立ち寄るも、どうも空気が馴染めずすぐに立ち去るw でも建物は面白かった。

090802c.jpg
犬たちと一緒に海岸を散歩し、夕食を食べて、お風呂に入って、疲れてバタンQ。
夜遊びに出たりする体力はもう無い。アラフォ-だもの。

Jul 212009

散歩と餃子と花火

今日は相方ファミリーが我が家に遊びに来てくれた。
しかしオデは相変わらず事務所にこもって仕事。

せめて食事だけでも一緒にということで、19時ごろに帰宅。
帰宅した家は、なんだか阿鼻叫喚な感じに。
男の子二人が相乗効果で天井知らずにテンション上昇させていた。

いや、すごいな男の子二人揃うと。
面白いけど、みんな声でかすぎw

マンションとかよっぽど高級でしっかりした造りじゃないと、近隣迷惑が心配でおちおち寝てられない。(1階だったら大丈夫だろうと思っていたが、最近聞いた話では構造によっては上の階にハウリングみたいに戻っていく場合もあるらしい)

だからと言って一軒家が安心かと言うと、家から50m離れてても、たまに絶叫が聞こえたりするので大差ない。一軒屋って防音があまり強くないね。(ってうちがぼろいからか?)

なんにしてもうちの子が絶叫するのをなんとかやめさせたいのだが、テンションあがってくると前後不覚になって叫んでしまうらしい。まぁ多分オレもそんな感じだったんだろうけど、全然本人は覚えてないんだな・・・。今度オカンに聞いてみよう。

んで、男グループで犬の散歩に行き、テンションを更に上昇させ、
家に戻って食事の餃子でテンションさらに倍(異常にくっとった)、
食事の後の花火で更に倍。

恐ろしい限りです。

相方ファミリーを見送って、再び事務所で一人黙々と作業。
三連休は終わった。

Jul 112009

外道衆

090711.jpg
3歳を過ぎ、自我が出てくるとともに、段々と自己主張と言う名のわがままも増えてきたマイソン。

ご飯を食べなかったり
おもちゃの片づけをしなかったり
歯をみがかなかったり
などなど・・・


一方、寿司レンジャーや仮面ライダーカブトになりたいという夢を持っているマイソン。


わがままを言っているマイソンに対して、「そんなことしてると、シンケンジャーじゃなくて、外道衆(しかもナナシ)になるよ」と言うと大急ぎで言うことを聞きます。


昨日もそれを言ったら、オリジン弁当のうな重を一人で全部食べてしまった。
それは幾らなんでも食いすぎだ。デブになってしまう。


しかしこういうしつけ方は良いのだろうか・・・?

Jul 102009

パパラッチ

090710a.jpg
マイソンのデジカメが壊れたので2代目。初代はPanasonicのLaicaモデルだったが、メモリカードを認識しなくなったので次はCanonのIXY。本当はファインダーを覗き込むタイプのPowerShotとかが良かったのだけど、如何せん価格が高いので断念。まぁ今後ファインダーをのぞくという行為もカメラから消えていくのかもしれないしまぁいいか・・・。ただ失敗だったのが、この手のカメラはストラップが携帯みたいに片持ちタイプなので、首から下げた際にかっこ悪いという点。やっぱカメラの両側にストラップリングがついているほうが首から下げたときにかっちょいいと思う。

彼の撮影スタイルは基本寄り過ぎ。

090710b.jpg

目の前で延々とフラッシュをたかれて、プリンも非常に迷惑顔。
(何故かクマのことはあまり撮影しない)

Jul 012009

Good stuff for aged around 3 years

くみくみスロープ

これはかなり面白い。大人でも楽しい。
さすが世界のKumonと言っておこう。

まだマイソンはキチンと辻褄合わせてくみ上げられないですけど。

希望を言うなれば、もちょっと動きにバリエーションがつけれたらピタゴラスイッチみたいな楽しみ方もできそうやけど。

小さい頃はこんなのをトイレットペーパーの芯を溜め込んで地道に自分で作っていた。
こういうおもちゃがなかったんだろうと思うが、まぁあっても貧乏で買えなかっただろう。
遠い目。

Jun 282009

myson meets Hendrix

マイソンが好きな曲はHip-hop全般と、Jimi HendrixとかLenny Kravitzrとか黒系のねっとりしたものが多い。先日MC Hammerを見せたが、まったく反応しなかった。イマイチだったようだ。今度マイコーを見せてみよう。

最近ブレイクダンスが激しくなってきて、倒立からそのまま前方に転倒すること多々あり。危険危険。(バク転の反対なんだけど、なんて呼ぶのか忘れた)

Continue reading myson meets Hendrix.

Jun 252009

ねずみの神様

マイソンの保育園はクリスチャン系なので、日々色々なお祈りをしているらしい。

食事の前に
「恵みの神様~」
みたいな歌を歌うらしく、家での食事の前にもそれを歌っている。

先日までは
「ねずみの神様~~」
と歌っていた。

昨日夕飯時に歌っている途中に突然
「あ、ここねずみじゃなくて、恵みだからね!め・ぐ・み!」
と念押しされた。

多分保育園で注意されたんだろうな・・・。

Jun 162009

ハイキング

090614.jpg
日曜日に前の保育園のお友達ファミリーと森林公園にハイキング。
森の中の小川でザリガニを釣りました。
ザリガニ釣ったのなんて30年ぶりぐらいじゃないだろうか・・・。


しかし思ったほど子供たちには受けなかった。カナシス。


子供たちは元気でしたが、犬たちは完全にグロッキーでした。

Jun 032009

なら手

マイソンが歌い、俺に手を叩けというときに
「パパ、ならて!ならて!」
と言う。

「ならて」ってナンなのか良く聞いてみると、こういうことらしい。

「幸せなら手を叩こう」の歌をみんなで歌っているらしいのだけど、その歌詞中で

幸せなら - 手を - 叩こう

ではなく、

幸せ - なら手を - 叩こう

という理解をしているらしい。

さて、こういうのはどういう風に修正すればよいのだろうか?

May 182009

品川水族館

090517.jpg
小雨の降る中、保育園の保護者会の集まりで朝イチから品川水族館へ。
イルカショーをみて、アシカショーをみて、みんなで食事。

マイソンは放浪癖が強いのか、室内で遊ぶ他の子供たちを尻目に、すぐにドアを開けて脱走を計ります。何度目かの脱走で連れ戻したらお漏らしをしました。マイソン曰く、「トイレに行きたかったのに、パパが連れ戻した」とのことです。いやー脱走とおトイレ行ってくれなきゃ区分できないよ。いわゆる狼少年だよ。

まだ新参者なので、なかなか子供と親が(ついでに名前も)一致しません。特に子供の場合保育園とかで話していても苗字を呼ばないので、親が苗字で挨拶しても誰の親なのか良く分からない。ドキドキします。

昼過ぎに現地解散して、帰宅。昨日からの疲れて結構早い時間にダウン。
朝早めに事務所に来てコリコリ仕事。

写真は水族館のパンフレットをイルカに読ませようとしているマイソン。

May 142009

大きくなるってことは・・・

ウンチをしながら人生を語る。

Apr 272009

嫁復活

090425.jpg
風邪+喘息でワイフがダウンしていたので、マイソンのお相手。午前中は犬と一緒に多摩川へ。

長靴をはいていたので、小川の中をジャブジャブ歩いて楽しそうだったのですが、そんなマイソンのすぐ脇に2羽のカモが飛来し着水。最初は驚いたものの、俄然興味を持ったマイソン川の中をソロソロとカモに近づきます。微妙な距離を保ちながら逃げていくカモ。段々と深いほうに移動。あーそろそろと思った瞬間、長靴の深さを水深がオーバーし、長靴の中に水が浸入。うろたえるマイソン。慌ててオデのほうに歩こうとしますが、水を溜め込んで重たくなった長靴に足をとられて転倒。バシャーン!

長靴を脱いではだしになったマイソン。抱っこを要求するも、オデは拒否w
凹んでいるのかうつむいたままで歩いて帰宅。マイソンは落水率が非常に高い。不安だ。

夕方にワイフが復活したので、寿司を食いに。近所の評判の良い隠れ店みたいなのに行ってみた。おいしかったがちょっと高かった。あれだとせいぜい1万円がいいとこだろうと思った。その近くにもえらい店構えのモダンなすし屋があり、数回行ったことがあるのだが、そこは完全に店舗デザインに食われて残念な気持ちになる。パッケージ、内容、価格。この3つのバランスが取れてこそ満足という感覚が得られるのだと改めて認識した。

Apr 222009

いやだいやだ其の三

今朝は特に泣くことも無く保育園に到着。ただ何度も「おにぎり食べたらパパお迎えに来てくれる?」と涙目で何度も聞いてました。(おにぎりは意味不明)

「お迎え来るよ」と返事をすると元気良くバイバイして走り去るのですが、どうも無理をして元気なフリをしているような雰囲気。3回目に聞きに来た時に抱っこしてあげたら、口をへの字にして泣き出すのを我慢しているような顔をしていました。

保育園の外から教室を隠れてみていると、周りは楽しそうに遊んでいるのに、一人廊下の柵に掴まり黙って外を見ていました。

何故あんなに泣くのを我慢していたのだろう?先生に我慢しろとでも言われたのだろうか?前の保育園ではそんなことは全然無く、アホみたいに元気だっただけに、とても心配です。あと保育園の先生が活発に遊んでいる子の相手ばかりしているようで、それも気になっています。(見ている範囲ではうちの子はまったく先生の相手にされていなかった)

ちと今後の対応について嫁と話し合ってみることにします。


Apr 222009

いやだいやだ その後

先日のマイソンの登園拒否のエントリー(いやだいやだ)では、予想外に反響が大きく、色々アドバイスを頂くことが出来ました。ということで、お礼も兼ねてその後のご報告をば・・・。


先週はできるだけ送迎に立ち会うようにしました。やはり朝は泣き叫んで登園拒否の兆候が続きましたが、夕方迎えに行った時に泣いているということは無くなりました。先生に聞いても、朝しばらくは泣いているものの、少ししたら泣き止んで元気に遊んでいると言うことでした。ただ迎えに行くといつも独りで居るので、友達が居ないのか・・・?良くわからないですが・・。


月曜は朝広島から戻ってそのまま事務所で作業をしていたのですが、10:30に嫁から電話があり、今朝も激しく暴れ、今やっとマイソンを保育園に預けてこれから出社するとの報告。嫁も今仕事が聴牌っているらしく、涙声。ということで今日はオデが迎えに行ってご飯を作って、嫁さん残業。

18時ごろ迎えに行き、隠れて教室内を覗くと、誰も居ない方の部屋で独りで遊んでいるマイソン。やっぱ友達まだ出来てないのか?!でもまあ泣いてないし、オデを見つけてハイテンションだから良いのか・・・な?。オレに色々と保育園の説明を得意気にしてくれる。一通り説明を受けた後は、二人で帰宅して夕食を作る。ハンバーグを食べて、鋼の錬金術師をみて、お風呂に入って寝かしつけ。特に問題なさそうである。

翌朝、マイソンに保育園の踊りだと言って、西城秀樹のYMCAの振り付けを教え込む。マイソンの反応は薄かった・・。ただ踊りの後でマイソンが「保育園大スキー」と一言。さて今日はどうだろう??

玄関で靴を履く。>まだ泣かない。元気である。

自転車に乗る。>まだ泣かない。

お隣さんに行ってきますを言う。>まだ大丈夫。

保育園に近づく。>まだ上機嫌だ。

保育園に入る。>自分から走りこんでいった。

教室に入る。>先生に抱っこ。

オデが帰る。>先生に抱っこされながら手を振る。

ということで問題なし。今日も嫁さんが大変と言うことで、オデがお迎え。泣いては居なかった。ただ誰と遊ぶわけでもなく、一人で走り回っていた。やはり友達が居ないのか?みんなに「バイバイー!」と大きな声で言っていたが、各人の各々の遊びに没頭し、返事をしてくれるのは先生だけ。うーん、シカトなんかな?これくらいの子供はそんなものなのかな?それともまだ友達がいないのか?!
ただ当人はさほど気にしていない(強がっているのか?)らしく、上機嫌である。

その後二人でお好み焼き屋さんへ。お客さんのお子さん(1.5歳)と遊び、店員さん(0.5歳の男の子がいる)と子供話や、保育園事情について意見交換したりしていたら、嫁さんが仕事終わって店に到着。3人でタクシーに乗って帰宅。

天気は雨だったが、マイソンは終始ご機嫌だった。
明日はどうだろうか??

Apr 172009

いやだいやだ

マイソンの保育園行きたくない病が最高潮。
昨日「明日は保育園に行く」という約束で事務所に1日居たのだけど、やっぱ今朝になって行きたくないと・・。保育園に連れて行ったが、泣き叫びながら隙を見つけ足の間を潜り抜けて保育園の外に逃げ出そうとする。嫌だとかいうレベルを超えてホラー映画で殺される寸前の人みたいになっている。

マイソンがまだ上手く何が嫌なのか?を伝えられないので、彼の言っている「寂しい」「つまらない」「怖い」という言葉が何を意味しているのか把握しかねるが、あそこまで嫌がられると心配で不安になってくる。昨日の夜中も何度も起きて「保育園に行きたくない」と泣いていたらしい。

保育園の先生に色々話を伺うと、やはり新しい環境に慣れるまでの時間は千差万別らしく、さほど珍しいことでもないという話だったが、果たしてあそこまで嫌がるものを慣れさせることが人間的によろしいことなのか?とか、過保護なのか?とか色々と悩む。

小さいから環境の変化にすぐに順応できるだろうと高を括っていたが、甘かった。
ちょっと暇を見つけて1日保育参観で様子を見ておきたいと思う。

Apr 062009

桜と河童と地震

090405.jpg
家族で花見。
宿河原に行こうと思っていたのだけど、ちょっと時間が遅くなったので、近所の宮崎台のさくら祭りへ。

数年前に行ったときに居た大道芸の河童のおじさんが、また道端に座ってて、小学生が集まっていたのでマイソンを連れて行ったら、ものすごい腰の引け具合で、涙目に。

すぐ後にマイソンはベビーカーで睡眠。

その後通りをうろうろしていると10年前ぐらいにちょっとサイトをお手伝いするって話になりかけたハヘロさんが出品されてました。話をしたらなにやら川崎のほうに引越ししてこられたそうです。作品もバージョンアップされていました。意味不明になんかお互い10年を乗り越えてきたんだなと感慨ひとしおで感動しました。

そのあと消防署が地震体験車を出展してたので、マイソンをたたき起こして順番待ち。そしたら目の前をマヒロちゃんがトコトコと・・・。一緒に地震体験することに。地震は関東大震災を再現したものとの事で、ガタガタ揺れる車を見てマイソンまた涙目。ただただ首を横に振って拒絶。順番が来たので無理やり連れ込み地震体験。ビデオを撮りたかったのだけど、マイソンがしがみついて身動きとれず。

地震体験後、隣でポンプ車の前でレスキューの服を着て記念撮影できるコーナーがあったが、放心状態のマイソンは着用を拒否し、呆然とした顔で記念撮影。

090405b.jpg

そのあとマヒロちゃんと別れ、フリーマーケット会場で焼きそばやらを食べて帰宅。
ベリーダンスのお姉さんとかいたんだけど、結局見れなかった。残念。

帰りに地震怖かったねーとマイソンに話したら
「アッキー、怖くないよ!」
と小鼻を膨らませて反論された。そうかそうか・・・。

  1 2 3 4 5 6 7  

Search and Archives

Tags