Results tagged “Font”

Feb 252017

@font-faceにおけるunicode-rangeによるサブセット化

ウェブフォントの最適化  |  Web  |  Google Developers
unicode-range によるサブセット化 スタイル、ウェイト、ストレッチなどのフォント プロパティに加えて、@font-face ルールではそれぞれのリソースでサポートされる 1 組の Unicode コードポイントを定義することもできます。これを使って、大きい Unicode フォントをより小さいサブセット(ラテン、キリル、ギリシャの各文字のサブセットなど)に分割し、特定のページでテキストの表示に必要なグリフだけをダウンロードできます。

@font-faceを用いれば、合字フォントデータを作成すること無く、既存フォントを組み合わせてHTMLページでの合字表現も可能になるのだけど、Web Fontで組み合わせた場合、2バイト圏はフォントデータサイズが大きいためダウンロード負担が高くなる。このため"unicode-range"が都度サブセットを生成してくれるとフォントデータサイズが小さくなることが期待できる。

ということで、試してみたのだけど、Win+Chromeではダウンロードしているフォントサイズに変化が見られない。まだブラウザが対応していないということなのか?

しかしそもそも、CSSで定義しただけで、こんなサブセット生成処理を都度サーバが実行するのだろうか?
ちなみにFont-PlusなどのWebFontサービスでも、ページ利用文字だけでフォントサブセットを随時生成して返却する仕組みがあるが、これはJSを用いてサーバ側にリクエストして処理する仕組みになっている。

色々調べていると、実はこの設定は指定フォントから利用グリフの抽出とマッピングだけを行っているのであって、ダウンロードするフォントデータの実体には全く影響がないような気がしているのだけど、どうなんだろう?

ちなみに合字を設定する場合は以下のような感じ


Continue reading @font-faceにおけるunicode-rangeによるサブセット化.

Apr 052016

Fontを作るということ、Fontを使うということ

段々と本質的なところに絞りこまれつつある気がする。
良い傾向だと思いつつ、反面、これまで差別化の理由だった「経験」「ノウハウ」などの価値が弱くなる可能性は高い。まぁそれが良い、悪いとも言えないので、そこは自然淘汰に任せよう。

一点懸念があるとしたら、フォントの乱立ノイズ化が始まる可能性があるということかな・・・。欧文フォントは古くからその傾向はあったが、日本語はまぁ作るの大変だからという理由で結果、数量統制が取れていた(乱立しているのはせいぜいカナフォント)

実際フォント管理は昔からネックだったりするので、これを機にフォント管理ソフトももっと向上してくれると嬉しい。
しかしまぁそれ以前にフォントのライセンスの概念を根本から変えるのが先かもしれないが・・・

Mar 282016

街のタイポ

2016-03-28 08.57.45

通勤路で毎朝見ていた好きだったタイポ。
アパート取り壊しで無くなるということでパチリ。

新しいマンションやアパートはこういうコダワリがあるものが少なくてつまらない。

Jul 142015

イラレでnoto sans使うとテキストのバウンディングボックスの高さがでかくなる件

May 012014

イラレで代替フォント適用箇所を見つける

2014-05-02_122349
イラストレータファイルを開いた際に「ドキュメントで使用されているフォントは、システムにないか、形式が異なります。」という警告が表示される場合があります。(WindowsだとHelvetica Neueがフォントグループから独立したり、HelveticaNeueとスペースが外れたりという場合が多い)

Continue reading イラレで代替フォント適用箇所を見つける.

Dec 172012

筑紫Aオールド明朝

フォントワークスLETS 2012年度の新書体をリリース | ニュース | FONTWORKS
来たよ!
ディスクも届いたよ!
やほーい。

Jul 072012

アラビアン

HS Future Sans Bold OT

HS Almohandis Bold OT

なんだろ?このCawaii感じ。
外国人が見たカタカナみたいな感覚なのかしら?

May 142012

From FontFont Release 59

Dec 042009

丸丸gothic

丸丸gothic
丸明、いろはに続く第三弾。

このタイプの日本語フォントは確かに手薄だった。

買うかなぁ・・・。
迷う。

Sep 152009

LETS FontACE Lite

FONTWORKS | LETS FontACE Lite(フリーウェア)
Font Worksがリリースしたフォント管理ソフト。Win、Mac両方同じらしい。

昔LinoTypeがFontExplorer® X - The new professional font management softwareを出していたけど、Windows版は開発中止+有料化ということで、現在はFont Manager for Windows - FontExpert 2009の2007バージョンを使っている。

PSも使えるし、日本語も解くに問題ないので、使い心地に不満は無い。インターフェイスデザインがうっとおしいぐらい。


ちと落ち着いたらFontACEを試してみる。


とりあえずPostScriptフォントが使えるかどうか?っつーのが一番重要なのだけど・・。ぱっとヘルプを見た感じよく分からなかった。

Apr 152009

学参書体

最近中吊りやら雑誌やらで変なシンニョウのフォントが目について、なんなのか気になっていたのですが、先日日本語のフォントや書体の情報をタイプラボがお伝えいたしますのMLにその答えが書いてありました。

バックナンバー

「学参」という字体なのだそうです。
学参 リュウミン | フォント製品 | 株式会社モリサワ

画数や「はね」「押さえ」「とめ」などで書体によって字形の異なる文字について、共通の学習しやすい字形となっていますので

可読性よりも、学習に目的を置いたフォントでしょうから、文字組み全体としてみたときには違和感を感じるのかもしれません。

この辺モリサワパスポートが浸透してきて、今まで購入できなかったフォントとかが自由に使えるようになった影響なのかもしれませんが、フォントの由来を踏まえ大人向けの文章への使用対して批判的な意見が目立ちます。

文字組みもそれぞれ目的が違いますから一概に言えませんが、小説とかに使われると確かに読みづらい気がします。(この感覚も個人個人で違うのでなんともいえないですけど・・・)

ちなみに私はまだモリサワパスポートに加入していないので、このフォントは持っていません。今まで結構なフォントを購入しているので、割引してもらえるみたいなのですが各種割引、どれくらい割引になるのかイマイチ良く分かっていません。

Feb 072009

AS3での埋め込みフォントの共有について:其の伍[RSLの先読み対応 with Progression](多分解決)

さて、現実的に使うためにどーするか?ということを考えてみます。特にProgressionで・・・。

問題点としては
1)共有フォントの読み込みがドキュメントクラスのコンストラクタ前に発動してしまう。
2)ProgressionでRSLを配置するとCastDocumentの"_onInit"がロストしてしまう。
この2点をなんとか解決したいと思います。

2)はloaderInfoの"Event.COMPLETE"がRSLが存在すると発動しないというのが起因しているかと思います。(何故なのか?は不明。そもそもRSLのローディングが管理できないのでどーしていいのやら)
ということで、コチラは無理やり"CastDocument"のコンストラクタに

addEventListener(Event.ADDED_TO_STAGE, _onAdd);
として、_onInitに連結します。(override出来ないから)

これに関しては諸々調べていますが、問題が発生する可能性があるので、暫定的な処理とさせてください。実際にこの手法を用いる際にはリスクがあることをご理解の上、実装してください。(今のところ問題が発生するものとしないものの2つのパターンがあることは確認していますが、明確な切り分けは出来ていません。)

private function _onAdd(e:Event):void
{
	_onInit();
	removeEventListener(Event.ADDED_TO_STAGE, _onAdd);
}

一応_onInitの重複発動(Preloader経由だと"Event.COMPLETE"が発動するので)防止のために、"onInit"の最初に以下の一文を入れておく。

if (prog) return;
Continue reading AS3での埋め込みフォントの共有について:其の伍[RSLの先読み対応 with Progression](多分解決).

Feb 072009

AS3での埋め込みフォントの共有について:其の四[ランタイム共有ライブラリ+フォントクラス編](ちょっと解決)

吐き気がしてきました。
apeirophobia: AS3での埋め込みフォントの共有について:其の参[ランタイム共有ライブラリ編](未解決)の続きです。

前回かなり絶望的な結果で凹んでいたのですが、検証続行。

今度は基本に立ち戻り、ストレートに子swfでフォントシンボルをRSL化して、親swfと共有してみます。

1)子swfでフォントをシンボル化して、すべてのプロパティを有効に
090207b.jpg

2)これを親コピペして共有読み込みに。

3)共有化しているフォント名でそのままTextFormat指定。

問題となる親swf上での同一フォントの静止テキストはRSLのリンケージ名を使用して設定すればOK。

これまでのやり方に比べて超簡単。

ただし何故にこれをやらなかったかというと、フォントシンボルは実体が無いため、ドキュメントクラスのコンストラクタ発動前に強制的に読み込みが始まってしまう点。※1

※1
これはそのフォントを使用した静的テキストを含むオブジェクトがリンケージ設定で「最初に書き出し」になっている場合です。逆にどこにも使用されていない場合には明示的にそのフォントを使用した静的テキストを配置する必要があります。(そうしないとembed出来ない)
そしてそれがタイムライン上で認識された瞬間にFlashはRSLを含む子swfの参照、読み込みを開始します。既に認識されている(キャッシュに貯まっている?)場合は読み込みリクエストを出さない仕様になっていると思われます。(そのキーがリンケージURL?)

つまり和フォントとか埋め込んでいたら、3MBとかの外部swfの読み込みが完了しないとLoading表示できない・・・という部分。※2これはユーザに謎の空白の時間を与えてしまうことになりあまりよろしくない。ということでもう少し考えてみる。
少し使えるかもしれないサンプルはこちら。
www.img8.com/src/test_font6.zip

あと少しかなあ・・・。

※2
コンストラクタ前のLoadingを回避する方法としてはそのフォントを含むリンケージシンボルをタイムラインで後ろに配置してそこで実体化させる方法ですが、近年のOOPS化によるリンケージシンボルの増加を踏まえると作業効率的に現実的では無い。業界的にシフトしているPreloader化に従うべきかと。

Feb 072009

AS3での埋め込みフォントの共有について:其の参[ランタイム共有ライブラリ編](未解決)

AS3での埋め込みフォントの共有について:其の一の続きです。

子swfのFontクラスを親swfで使用するやり方は便利な面もありますが、先のエントリーに書いたようにコンフリクトが発生する可能性があります。コンフリクトをクリアするには、子swfの中でそのフォントのTextFieldを適応したTextFieldを生成して親に戻してやれば親swf上で表示可能ですが、早い話がTextFormatのテンプレートを内包する必要があり、TextFormatが追加になるたびにデータサイズの大きいフォントを内包する子swfを更新、その都度ユーザに読み込み負荷をかけることになり、本来の目的に則していないことになります。(コンパイル時間の短縮という制作サイドの利点もありますが、あくまでユーザの利点ベースで考えていきます。)

ということで、他のフォント共有方法というと昔からあるRSL(ランタイム共有ライブラリ)のやり方です。昔はこのやり方のほうにフォントのコンフリクトが発生していたのですが、どうもこの一連の検証をしていてフォントの管理方法がPlayer9からクラスベース(リンケージネーム)からFont.fontName(String)に変更されたような感じです。(この辺はapeirophobia: 特定の文字だけを埋め込んだフォントのランタイム共有方法(AS 2.0)に書いているように、Player9からコンフリクトが改善されている)

ということでまぁこなれた手法ではありますが、一応検証。


Continue reading AS3での埋め込みフォントの共有について:其の参[ランタイム共有ライブラリ編](未解決).

Feb 062009

AS3での埋め込みフォントの共有について:其の壱(未解決)

以前apeirophobia: 特定の文字だけを埋め込んだフォントのランタイム共有方法(AS 2.0)というエントリーを書いたけど、今度はAS3版。既出のリソースとしては
FACEs: as3:フォントのダイナミックなローディング
CS3版 フォントのダイナミックなローディング|_level0.KAYAC
あたりが有名なところ。


で、このやり方で読み込む親SWFの中に同じフォントを用いた静止テキストを配置すると、フォントが表示されなくなるという問題がある。これはPlayer8以前に見られたフォントのconflictと同じような状態(詳細はapeirophobia: 特定の文字だけを埋め込んだフォントのランタイム共有方法(AS 2.0))。恐らくフォントクラスが親SWFで先に設定されてしまうことで、外部SWFのフォントクラスが適応されないというのが理由だと思う。(そう考えるとPlayer8の原因とは違うのかもしれないけど)
簡単に検証したい人はCS3版 フォントのダイナミックなローディング|_level0.KAYACのサンプルをDLして、loader.flaのステージ上にAXIS Std Hで静的テキストを配置すると再現できます。


AS3から外部SWFのクラスアクセスはApplicationDomainの設定も絡んできて、ちょっと原因の切り分けがややこしくなっているので、検証してみました。

なんか良く分からない部分もあるのですが、とりあえず忘れないようにダラダラ書いておきます。

Continue reading AS3での埋め込みフォントの共有について:其の壱(未解決).

Nov 302008

Helvaticaばかり使うな

nakano.tumblr.com:Helvaticaばかり使うな
Hermann Zap?(忘れた)

Nov 072008

Azbuka Pro

081106.jpg
Azbuka Pro Complete Family Pack Font - Fonts.com

142,250yen。円高還元~!!Fuck!
I wanna get a least Condense Series.

Sep 222008

欧文書体 2 定番書体と演出法

欧文書体 2 定番書体と演出法: 小林 章, 嘉瑞工房: 本

出たの忘れていた・・・汗
買わなくっちゃ。

Jun 292008

フォント見直しの時期

おそらくAdobe CS3をインストールするといくつかのProシリーズのフォントがインストールされているはず。(ただしウエイトやタイプが限定されている)
Proとは何ぞや?と言うとLinotypeの小林氏などが行っている"Platinum"と同様、デジタルフォント黎明期における駆け足だったデジタル作業化の見直し+時代に合わせたタイプフェイスの見直しという感じ。

Since 1985 Adobe has offered rigorously produced and selected fonts. Their work in software and user interaction lends them a unique perspective in type. Linotype, founded in 1886, has amassed some of the most significant typefaces of the 20th century. With designer Akira Kobayashi as type director, the library continues to grow with modern masterpieces. Both Adobe and Linotype are active foundries and this update brings their latest typefaces and enhanced reissues to FontShop.

以前に書いたがBEも同様の作業を行っており、Akzidenz Grotesk等のリビルド版が続々リリースされている。こうしてみるとフォントファクトリーはデジタルフォント見直しの時期に入っているように見える。ただ、この流れが活版からデジタルへの移植が一段落して落ち着いたからなのか、フォントの販売が一段落してしまったため経営的に再度市場を掘り起こす必要があるからなのかは知らない。

何はともあれ、ちと欲しいのメモ。

Continue reading フォント見直しの時期.

Jun 182008

Adobe Type Collection Savings

The Adobe Type Collection, OpenType Edition features many of the best-known and most widely-used typefaces plus hundreds of new additions, all in OpenType font format.

Adobe Type Collection Savings
During July, when you order the Adobe Type Collection, OpenType Edition and your choice of either the Monotype®, ITC® or Linotype® OpenType libraries from Fonts.com, you will receive a 30% discount off your entire order!

I wonder some "PRO" series that "Arno Pro","Garamond Pro","Calson Pro","Minion Pro" and "Myriad Pro" r included in "Adobe Type Collection". (while I m unaware, my PC has some of them. I guess they r installed with CS3... I don't know well, if u know detail please tell me.)
btw, font most want in time is "Avenir® Next" one of Linotype "Platinum" series. I wanna this a lot, but this priced at 149,875 JP, I can't take the next step.. :-l...
other Linotype Premier fonts r also good (esp. Sabon.. I want) and priced high... gas, butter..and font go up :-P

Well, in Japan Folio sold as 10 license pack, but in US, does it sold as 5 license pack??? I found imports sold as 5 license pack for 357,620JP in Yahoo! shopping. Even US package, "Kozuka" will be included in...I think so...

2 3  

Search and Archives

Tags