Results tagged “Service”

Jul 212016

ポケモンGO!

まだ日本はリリースされてないですが、サーバの稼働状況などモニタリングしているサイト

Monitoring Pokémon GO service status: Datadog catches it all - Datadog
Is Pokémon GO down or not?

裏側はDatadog > Start Your Free Trial - Datadog

Jun 272016

OCR+時間

こういうのは学生じゃなくてビジネスとでも便利。
文字だけじゃなくて、図形もSVG化してくれると良い
ドンドン進化して欲しい

Jun 242016

Craft bu inVision

Jun 062016

シェアリングとオーナメントの境界

人はどこまで所有を放棄できるのか?
人類の所有の経緯となる制約の解放に情報産業が大きく寄与していることは疑いようがないが、
その時、未だ技術革新の及ばぬ「存在の空間」に関係する共有と所有の垣根がどのように処理されるのだろうか?

Mar 172016

Resizer

Googleのツール。
breakpointsに応じた見え方が確認できる。
一応これまでも、chromeのdeveloper toolでそれなりのことはできたが、BreakPoint変更でリロードが要らないのが楽。
ただ、致命的なのがx-frame option制約で、Ajax系サイトが表示できない(涙

user-agent偽装はしてない気がするので、それで表示切替しているサイトは多分正常表示されないかな?

Nov 242015

Google+のアップデートでイベントが削除されるという糞対応

Google+がアップデートでイベント機能を削ってきた。
その結果カレンダーに展開されたG+イベントから詳細参照でG+を開いても、G+の中でイベントの詳細が参照できない状態になってしまった。

G+のイベントはカレンダーの概念を変える可能性を感じていた。
しかしGoogle+は全体的に(特にイベント)半端なペルソナとシナリオ設計で、ユーザに運用スタイルを提示できなかった。
その結果、イベントの利用率が低かったのだろうが、その理由をGoogle自身の設計の甘さだと判断せず、ニーズ無しと判断して、その対応としてイベントを削除するという今回の対応には大きな失望を禁じ得ない。というか、家の予定をG+イベントで管理してきた我が家としては非常に迷惑である。(PC版はイベントありの旧モードで作動できるが、アプリの方が戻せず、イベントの参照動線がすべて消失して行き止まり状態)

学校関係のプリントをスケジュールに紐付けるもの、つけないもの、それらを混合して管理できる、且つGoogle Calendarと連動してくれるようなサービスとかないのかなぁ・・
(Googleの持っているサービスだけで成立するはずなんだけどな・・・)

Nov 202015

視覚Diffサービス

良い。
JSとかの挙動、トランジションが変わっている部分もわかるとベスト。
比較したいというよりは、認識できるだけでも十分なので・・・

Mar 072015

でんき家計簿

東京電力が新しく始めたWeb検針票サービスを期に「でんき家計簿」に登録してみた。

まだ申請中なので詳細は分からないが、「でんき家計簿」は電気料金の把握だけでなく、料金メニューの選択、家電の管理などもできるのだそうだ。特に家電の管理なんてのは将来的に「どこの部屋」「どの家電」なんてのがわかるとより対策へと繋がる良い情報だと思う。
まずは家電の登録方法がどういう方法になっているのか非常に興味ある。
理想はコンセントに挿した瞬間に自動登録されるのがよろしいけれど、まぁまだ無理だろう。

将来はPLCのような形で電力網が標準的に情報網化することで、家電もオンライン認証、オンライン管理の対象となるだろうが、その時にはそのログはマーケティング的に非常に重要な情報になる。

Continue reading でんき家計簿.

Oct 302014

SkypeのCtrl+Rのショートカットを通話以外にする

ブラウザをリロードしようとして、なんど通話してしまったことか・・・汗
多人数参加グループに通話したりしたら、ペコペコ平謝りです。

ということで、Skypeのショートカット設定を開きました。

Continue reading SkypeのCtrl+Rのショートカットを通話以外にする.

Oct 092014

「コミュニティ」が内包する危険

興味深い記事
コミュニティは、敵対する何かが存在することで強固なものになることは体験として理解している。
それは必ずしもコミュニティ(人)で無くてもよいのだが、コミュニティだった場合その行き着く先ははやり暴力装置の作動になるのかしらん?
Ingressがブロンクスの星のような形で自己浄化的に進化していくのはおそらく稀だろうし、
近い将来、Ingressにまつわる暴力装置の作動がリアルの社会で発生したりするんじゃないかしら?と思ったりする。

Ingress側でイベントとして上記記事の中に書かれている「青い目茶色い目」のような体験が発生して、相互理解が深まるような状況が作られたら素敵だけれども・・・

Jul 102014

漏洩被害と一般財団法人日本情報経済社会推進協会の関係

ベネッセ「賠償金」は700億円以上にのぼる? 大規模「個人情報流出」の法的責任 (弁護士ドットコム) - Yahoo!ニュース

我が家もおもいっきり対象な訳ですが、普通であればクレジットカード以外の情報に関しては比較的寛容なのですが、子どもの情報っつーのは問題あり。
これからアホみたいに子供向けのDMとかが送られてくるのかと思うとぞっとします。

しかし実際流出ってどういう形のデータになるんでしょう?
DBがそのまままるっとコピーされるのか、テーブルごとのCSVみたいな形でリレーション無しの状態でダウンロードされるのか・・・
今回は外部からの侵入ではないとうことなので、また違う形なのかもしれませんけど・・・

しかしプライバシーマークってなんだよ?って感じですね。
もう少し役割と責任を明確、厳正化してもらわないとその存在意義がよくわからなくなりますね。
流出に関する保証を受け持つとかそれなりの責任をとるべきなんじゃないかしら?
一応一般財団法人日本情報経済社会推進協会から今回の件についてのリリースがありますが、

当協会としましては、この事実を重く受け止め、当該事故に関する事実関係を確認したうえで、厳正に対応いたします。 プライバシーマーク制度 - お知らせ(2014年):株式会社ベネッセコーポレーションのお客様情報の漏えいについて

な感じで、「厳正な対応」っつーのが何をするのかよくわからない。
もういっそのネット業界のロイズ - Wikipedia的な感じで保険機構にしてくれたほうがシンプルでわかりやすい気がします。

Jun 302014

大規模情動感染に関する実験的証拠

Experimental evidence of massive-scale emotional contagion through social networks

まだ全部読めてないけれど、興味深い。
予想の範疇を超えない結果であるようにも感じるが、それよりも大量の被験者に対して無意識に実験を行うプラットフォームとしてのSNSの扱いが面白い。一部では問題視されているようだけれども、ネットサービスなぞ、ほとんどそんなもんじゃないかしらね?自分の情報売って、サービス利用するような感覚は危険なのかしらね?

Ref.Facebook、ユーザー約70万人のニュースフィードを操作した実験結果論文を発表 - ITmedia ニュース

しかし広告のクリエイティブが点、線だとしたら、SNSは箱庭とその制御。
ちと制御対象の次元が違う感じはあるなぁ・・
知らんけど

Jun 282014

問題解決のベクトル

日本、まさかの「IE6互換ブラウザ」を完成させてしまう。IT業界の新陳代謝抑制に成功。:まとめニュースちゃんねるぷらす

Internet Explorer 8 ダウングレードサービス: PCカスタマイズサービス | ビジネスPC | NEC

スケールする可能性のないマーケットに精力を注ぎ込む思考は、日本の特有の気質なのかしら?良く言えば職人気質。悪く言えば開拓済みの領域の残り物を拾い集める的な・・・?(いや実際は海外でも多くこのような対応が行なわれているかもしれないですが)

以前「サービスのIE8対応を終了する代わりに、IE8利用ユーザに新PCを提供する選択をする」みたいな海外サービスの記事を読んだ気がするのだけど、これは前衛的すぎるなーと初見で感じたものの、利用ログとか確認した上で、費用対効果として安ければ正しい選択だなと思ったことを思い出しました。(元ネタを探してみたのだけど、見つからず、もしかしたらIE6とかなのかもしれない)

Jun 042014

楽天Koboからのおすすめ

薦められた商品心に響かない上に、その理由も理解できない。
リコメンドシステムがスパムに成り下がっていく原因のひとつ。
リコメンドの理由とか書いてあると、リコメンドシステムの能力を推し量り、人と為を知る感じでもう少し腑に落ちる気はする。恐らく購入履歴の坂口安吾、夢野久作あたりが関係していているのだろう・・・(そのリコメンドに対しては個人的に評価は低いけれど・・・)

さて、このリコメンドの対象は楽天Booksの履歴までは追ってない気がする。
楽天、楽天Booksが保持する履歴というリソースをアドバンテージとして利用しないのは、会社が違うってことかしらね?
既存システムと新システムの連携が大変なのは分かるけれど、本を超えた商品のリコメンドっつーのは非常に興味深い仕組みだと思うし、費用対効果もプラスになるんじゃないかなぁと思ったりする

Jun 022014

TumblrのQue機能は愛

TumblrのQue機能は1つの愛の形である。
しかしその上限は300で、スマホアプリではReblog上限エラーと同様、Que追加エラーも通知されない。
このエラー非通知もひとつの愛の形。

PinterestはAlreadyという違う愛の形がある。
しかしQueは無い。

どちらの愛が正しいのか、私には分からない・・・

Apr 242014

電子書籍プラットフォームの憂鬱2

電子書籍プラットフォームの憂鬱のエントリーを書いて以来、ちまちまと検証しておりましたが、検証すればするほど、Amazonかなぁ・・という結論に傾きつつあります。ただ「Amazonが良い」というよりも、「楽天は無い」という理由の方が正しいかな・・・

古い記事ですが、上記の姿勢の違いがAmazonと楽天のサービスの間に存在しており、そこから想像される未来は恐らくAmazonの方が快適そうである(国内の既存勢力との調整とか色々理由はあるかと思いますが)

『Amazonで検索して楽天で購入する「日本への納税を心がけた楽天ユーザ」』であることを心がけている身としては非常に歯がゆく残念に思う結論(日本語書籍という文化的資産の命運を外資のAmazonに委ねてしまうことへの懸念もある)

将来の楽天Books、およびKoboに関して大きな改善を期待しつつ、もう少しリサーチしてみる

Apr 192014

名付けサービス、命名サービス

わが子たちの名前を決める際に、お世話になったサイト。
ここで名前を考えたというわけでは無く、名前候補の字画を確認という感じでお世話になりました。

姓名判断というのは迷信を用いた「不安商法」とわかりつつも、それが自分でなく子どもの事となると、その不安を避けようという心理になってしまいます。これはそれまで守るべき者が「自分」だけの「独身男性」に「父性」が作動する最初の一歩なのかもしれません。(このサイトは無料なので「商法」という表現は適当では無いですが・・)

Continue reading 名付けサービス、命名サービス.

Apr 172014

MinikuLove

寺田倉庫が始めたminikuraというサービスは、物品のインデックス化をセットにした面白いサービスなのだけど、その亜種でminikuLoveなるものが開始されていました。(プレスリリース

注目の機能は「プロの声優がラブレターを代読して音声保存できる「ラブレター肉声化システム」」
これ以外基本minikuraと同じですが、これだけでかなりのインパクトあるサービスです。

Continue reading MinikuLove.

Apr 142014

AmazonのPublisher Studioテスト

ちと気になっていたamzonのAmazon Publisher Studio
説明を読んでもイマイチどういうことなのかよくわからず、モヤモヤしていたので、実際このブログに入れてみた。(動作サンプルとして、戸坂潤「科学的精神とは何か――日本文化論に及ぶ――」の序文を引用+利用させていただきます。)

Continue reading AmazonのPublisher Studioテスト.

Apr 132014

フォトブックサービス

フォトブックサービスを本格的に使い始めたのは5年前から。
当時は競合も少なく、検討余地なくPhotobackさんを選択して現在に至る。

当初は自分たち夫婦のために作成していたが、子どもが巣立つときに渡す(なんか呼称あるんかしら?)わかりやすいモノとして、年1冊ぐらいで作成しておくのも良いかもしれないと考えている今日このごろ。価格.comのサービスまとめを見ると、さすがに5年前よりは群雄割拠な状態。

Continue reading フォトブックサービス.
2 3 4 5 6  

Search and Archives

Tags