Results tagged “Travel”

Dec 302015

四万温泉 積善館

毎年恒例の友人たちとの年末旅行。今年は四万温泉 積善館
日本最古の湯宿建築という本館に宿泊。千と千尋の神隠しの元ネタの一つという話もあります。(以前に行った渋温泉の金具屋もそんな話があったけれども・・・)
実際建物はかなり年季が入っており、温泉も浪漫あふれる作りで趣ありました。あとお湯もかなり個人的に好きな塩梅で良かった。

2015-12-29 15.12.54-1

2015-12-29 15.49.14

2015-12-30 08.46.35

Continue reading 四万温泉 積善館.

Aug 162015

渋温泉

image

なんだかんだと良く来ている渋温泉。今回はお義父さんの古稀のお祝い。
子供が5人もいると渋温泉の外湯めぐりもゲーム攻略の趣。(たまたま湯田中はモンハンとタイアップしていたりするが・・・)

image

Aug 092015

葉山合宿

image

毎年高齢の葉山合宿
今年もものすごい量のリフレッシュをさせていただきました。
しかし体力は加齢とともに厳しくなりつつあります

May 052015

広島4

2015-05-05 16.19.42

家族でカープ観戦。
家族は野球初観戦ということで、試合の内容次第では退屈するかなーと心配していたけれど、
打線大爆発で巨人相手に13-1の大勝利。
選手しらない子どもたちも盛り上がって、その場で名前を覚えて即席応援。

天気もよく、試合も面白く、そのうえカープうどん、ぶっかき氷も食べれて大満足。


Continue reading 広島4.

May 042015

広島3

2015-05-04 14.57.23

母親が子供を見てくれるということで、ワイフと二人で再度宮島
今日は天気も良くてすばらしい宮島でした

2015-05-04 11.35.22

お好み焼きもやっと食べれた・・・

May 032015

広島2

2015-05-03 12.29.12-1
雨が降るなか家族で宮島。
有名ドコロは回らず、千畳閣でのんびり。

2015-05-03 13.09.19

May 022015

広島1

2015-05-02 18.41.39
久しぶりに広島に帰省
到着当日は、アメフトの旧友と流川でーー

Sep 252009

山口、SL、セミトラ

090922a.jpgSLやまぐち号とYCAMのセミトラ展を見に山口へ。

やまぐち号のチケットはネット上では完売していたが、現地で湯田温泉まで(新山口から1駅だけど)のチケットゲット。津和野で発車するのを見たことはあるが、乗るのは初めて。
客車は車両毎に大正、明治、昭和風とテーマが異なっている。我々が乗ったのは大正風。シートがベロア風である。(明治は革張りだった)

ある程度予想はしていたのだが、実際乗ってしまうと、あとは普通の電車と大差ない。車外を煙が流れているぐらいである。明らかに外から見ているほうが正解である。何か乗っているほうにも「蒸気機関車に乗っている感」を感じられるような仕組みがないと、ちょっと残念な気持ちになるかもしれない。


湯田温泉で下車。SLを見送った後、タクシーでYCAMへ。
タクシーでYCAMと伝えても全然分かって貰えず、色々調べてもらう。
結局「ああ、図書館かぁ?」みたいな感じで到着。
YCAMという名称はあまり地元では認識されていないっぽい。


090922b.jpg展覧会は広いスペースを贅沢に使って展示されており、朝一で混雑もしておらず、ゆったりと堪能できた。(セミトラ展に関しては他のブログなどで色々紹介されているので詳しくはそちらを参照してください。)

マイソンはターンテーブルが気に入ったのかひたすら回してフォントを動かして遊んでいた。(後でターンテーブルを動かして英語を動かしていたことを得意気に説明していたが、ターンテーブルをフォントを動かす道具として理解してしまったかもしれない)
嫁もいたく気に入ったようで、しきりと感心していた。

観覧後YCAM内で食事をしていてセミトラさんにバッタリ。
挨拶をして温泉街へ。

090922c.jpg

「湯の森」という温泉センターみたいなところへ。
マイソンが風呂で暴れるのを止めるので手一杯で、あまり温泉を堪能できなかった。

新幹線で広島に戻り、市内を少し散策した後で実家まで広電(路面電車)で戻る。
久しぶりに市内で路面電車に乗った気がする。なんだかとても遅く感じ、その遅さが実家で一人暮らす年老いた母を想起させて少しブルーになった。

夕食は近所のお好み焼きやさんにみんなで出かけてお好み焼き。肉玉ダブルを頼んだのだが、ダブルにしたからか、そばの仕上がりがあまり芳しくなく、ちょっと残念な感じだった。
090922d.jpg

Sep 222009

敬老の日

090921d.jpg
朝、マイソンと二人で近所を散歩。自分の通っていた小学校とか行ってみた。
建物にはあまり変化が無かったが、セキュリティがとても厳しくなっていた。

昼、母も含め、全員で宮島へ。
宮島口の「うえの」で昼食に穴子丼を食べようと計画していたが、店の前に大行列、2時間待ちということで断念。ちなみに「うえの」の隣は高校時代の友人の家で、元々もみじ饅頭屋をやっていたが、いつの間にか穴子丼屋になっていた。そちらもかなり待つ感じになっていたので、島外での食事はあきらめて島へ渡る。

090921.jpg
2年ぶりの宮島は驚くほどの人で賑わっていた。休日に来たことが無いからか、こんなに人のいる宮島は初めてみる。人、人、人で、風情も何もあったものじゃない。島内の食事処も人間オーバーフローで軒並み行列。比較的列の少ない店に1時間近く並んで穴子丼を食す。しかしあまりおいしくなかった・・・汗

厳島神社の入り口も人の山。境内も人でギュウギュウしていたので参拝は断念。気持ちを切り替えてロープウェイで弥山へ行くことにする。しかーしロープウェイも40分待ち。1段目まで登るも、2段目乗り口も行列で、営業時間内にロープウェイで下山できなさそうな雰囲気だったのでそのままロープウェイで下山・・。サルに会うのを楽しみにしていたマイソン、ごめんなさい。

090921b.jpg
帰りに屋台で射的をしたのだけど、店員は小学生の女の子が二人。
一人は大人顔負けで店を切り盛りし、もう一人は床に寝転んで漫画を読んでいた。
戦後まもなくの屋台とかこんな感じだったのだろうか?シュールだった。

不完全燃焼な宮島だった。入島制限とかしないと、初めて来た人はかなり悪い印象持ってしまうんじゃないかしら?と思うほど人だらけで殺伐としていた・・・。

帰りの電車の駅構内で、東京のクライアントにバッタリ。あまりに予想外の出来事にしばらくトリップしてしまったw 地元の知人に会わないのに、東京の知人にココで出会うとは・・・。業界が狭いのは知っているが、世の中も狭いのか?

夕食は敬老の日ということで、母の希望の近所のフランス料理店へ。
料理もおいしく、お店の人も親切で良かった。
090921c.jpg

Sep 212009

広島

家族で広島へ。夕方に実家に到着。マイソンと近所を散歩。

久しぶりに歩く故郷は色々と変わっていて、通りに若者の姿はあまり無く、街全体に活気が無くなった気がした。

たまたま連休中のそういう時間帯だったのかもしれないし、東京に住んで感覚が麻痺しているのかもしれないが、ベットタウンとして発展した町だから、住民の団塊による町年齢のような傾向は出てくるのかもしれない。

テナント募集の張り紙は東京と同じくあちらこちらに見受けられたけれど・・・。

Aug 052009

鴨川探訪 #2

090803a.jpg
2日目。
朝5時ごろ、クマ太と二人砂浜を散歩。波が結構強い。サーフィンには良い波だと思ったが、サーファーは一人も居なかった。岩場とかなのだろうか? 一度戻って今度はみんなで散歩。

090803c.jpg
先日湘南で海に惨敗したマイソンはやはり波の音が怖いらしく、一番海から離れた防波堤ギリギリを歩いている。干潮で出現した岩場まで抱いて連れて行って、ここにカニとかお魚が居るよと言ったらやっとこ自分でトコトコ歩き始めた。で、みんなで岩場で観察開始。ヤドカリ、カニ、魚、イソギンチャク、ウニなどを見つけて盛り上がる。

その後朝食を食べて、全員で海水浴場へ。
岩場の観察時にはなんとか平気だったマイソン。泳ぐ段になるとやはり波の音が怖いらしく、海に近づかない。周りで同じような年頃の子供が遊んでいても駄目。オレかワイフが海に入ろうものなら、「ギャーー!」と地団駄を踏んで泣き叫ぶ。どうもうちらが波に連れて行かれるのを心配しているらしい。

090803b.jpg

ガムを買ってあげるからといって、抱き上げて海に連れて行くも、全身硬直。足が海に使った瞬間絶叫。もう泡を吹いて倒れそうな叫び方をするので、止む無く退避。代わりにくま太に救命具を付けて海へ。クマ太は結構平気で泳いでいた。んが、まぁ手を離した瞬間岸に向かって一直線ってな感じだったけど・・・。

あまりにマイソンが海が嫌いというので、昼前に海から撤退。ペンションまで帰る途中で、同宿の人から「かわいそうなぐらい泣いてましたねえ・・」といわれた。まぁ海水浴場に居た人みんなが虐待なんじゃないかと思うぐらい泣いていたからなぁあ・・・。いつの日か一緒に海で泳げるようになることを祈ります。

昼食は近所の寿司屋さん。おいしいのかおいしくないのか良く分からず(汗
金目鯛の炙り寿司はまぁおいしかったかな?

その後お土産を買って、再びアクアラインへ。30分待ちだったけど、海ほたるに立ち寄ってみる。お犬様も同伴でみんなでちょっとブレイク。マイソンは望遠鏡で船をみてご満悦。お犬様はもう勘弁してくれみたいな感じでぐったり。

一度家に帰り、夕食にびっくりドンキーへ。初めてのびっくりドンキーはボリュームありすぎて引いた。あれは20代以下対象の店だ・・・。アラフォーにはしんどかった。

家に帰って家族みんなでバタンQ。
レジャーも体力消費が激しいです。
アラフォーですから。


Aug 052009

鴨川探訪 #1

住宅情報誌で異常な激安物件が排出される外房エリア。

東京を基点にして、西の神奈川、東の千葉。距離的、地形的にさほど差が無いように思うが、西の神奈川エリアが好印象である。そして不動産価格も段違いである。地形的に交通インフラの差があるのはやむなしとして、一体どれほどの違いが、これほどの価格差を生むのか?を一度みて見たいと思っていたので、今回の家族サービスは鴨川(ウソ

今回の車はインプレッサ。乗り心地は、ちょっとハンドル硬くて老人には辛かったw 20代なら逆にこういうのノリノリだったと思うけど、疲れたアラフォーは、も少しコンフォータブルが欲しい。

小雨ぱらつくなか、朝9時半ごろに犬たちも一緒に出発。しかし車での旅行に不慣れなため、忘れ物やらなんだかんだで、2時間ほど家の周りを行ったりきたり(汗 距離は全然走ってないけど、家の近所で精神的にすでに疲労困憊。

12時ごろやっと、川崎を離脱し、首都高、湾岸、アクアラインへ。
実はETC割引を見込んでいたのですが、誰もETCカードを持っておらず、ETCが使えないことが判明。普通に現金払い・・。 料金所が近づく度にETC装置が「カードがささっていません、エラーです」みたいな通知をするのが切ない。アクアラインも通常価格(汗

海ほたるにもよらず、姉ヶ崎方面の橋上も小雨でまったく景色が見えず、アクアラインを使ったメリットを感じないまま、一気に木更津まで。コンビニばかりで食事処が見当たらず、へんな味噌ラーメンショップみたいなお店で昼食。全国の味噌ラーメンの好きなものがセレクトできる、味噌ラーメンの王国みたいな店だった。味はよー分からんかったけど、まずくは無かった。ワイフは美味いと言っていたのでよかった。

15時前に鴨川あたりに到着。晴れとまでは行かないものの、小雨も上がりなんとか出来そうな天気に。宿泊場所は「ねじ式」の舞台といわれる太海。岬にありがちな、背面を山に控え、若干の平地に居住している感じの街。広島の島とか尾道の辺に少し似た雰囲気なのか、少し懐かしい感じ。

090802a.jpg
チェックインまでの間「仁右衛門島」というところを見学へ。ワイフは最初世界遺産だと言っていたが、千葉県指定名勝ってなぐらいだった。手漕ぎの渡しで島に渡るわけだけど、個人所有の島なので、犬は禁止。ということで、ワイフとマイソンの二人で船に乗って島へ行き、犬と波止場で留守番。海を上からみた感じレベルだけど、海水の温度が高めなのか少し魚の生態系が南よりっぽい感じだった。(と言っても伊豆の南ぐらいだろうけど)

島の見学を終え、宿泊先へ。海の目の前(というか河口?)のペンション。犬もなんとかOK。(パグはまぁ往々にして許可されるw) 犬様を部屋に叩き込んで、人間さま一同は鴨川シーワールドへ。ちなみに閉園まで後1時間ぐらいのハードスケジュール。ペンションの人にも、鴨川シーワールドの駐車場の人にも「今からだともったいないですよ」と言われるが、無視して5000円払って入園。

090802b.jpg
イベント系はほとんど終了していたからか、各ブースは人もまばらで、ほぼ貸切状態でのんびり観覧できた。(混んでいるときを知らんから分からないけど) イルカを手なずけびしょ濡れになったり、セイウチを心ゆくまで眺めたりして閉園時間。

(イルカの前で手を上げたら目の前でイルカがドンドンジャンプし始めた。)

その後ペンションに戻るまでの道で、謎めいたギャラリーを発見して立ち寄るも、どうも空気が馴染めずすぐに立ち去るw でも建物は面白かった。

090802c.jpg
犬たちと一緒に海岸を散歩し、夕食を食べて、お風呂に入って、疲れてバタンQ。
夜遊びに出たりする体力はもう無い。アラフォ-だもの。

Jan 042009

年始

090101.jpg
元旦:長野へ。
実家までの長野電鉄の電車またもやロマンスカー。3日連続ロマンスカー。ある意味すごい。実家ではマイソンの従兄弟全員勢ぞろい。夕方みんなで小布施の温泉へ。露天風呂は絶景。お湯質も最高。銀の指輪も真っ黒に変化。夜はお義姉さんの作った渾身のおせち料理に舌鼓。年々豪勢になっている気がします。
総勢13人の新年会。(うち子供が3人しかも猫2匹)もうどこで何が起こっているのか・・・・汗

090102.jpg
090102b.jpg
1月2日:マイソン初スキー。
みんなでスキー場へそりをしに行ってきました。(どこのスキー場か分からないけど)
マイソンは顔に降ってくる雪が当たるのがどうも嫌いらしく、やや不機嫌。でもみんなキャーキャー言いながら楽しんでおりました。途中から雪が強くなってきて1時間も滑らず退散。
スキー場のすぐ下の温泉(これまた露天風呂)で一休みして帰宅。
雪の降りしきる中の露天風呂はなんというか風流。日本人でよかったなぁと思いました。
夜はマイソンの誕生日会ということでまたもや宴会。こんなにたくさんの人に祝ってもらえてマイソンは幸せです。おもちゃやらお菓子をもらってえらいハイテンションになり寝れないまま24時近くまで騒ぎまくっておりました。子供が寝静まったあと27時ぐらいまで兄弟たちでワイワイと飲み明かす。楽しいw

090103.jpg
1月3日:雪だるま&帰京
午前中、近所の公園に従兄弟と一緒に雪遊びに出かける。
雪の中を走り回って、そりで滑って、雪だるまを作って、破壊して遊ぶ。
昼過ぎにおじいちゃん、おばあちゃんにさよなら言ってお暇。
新幹線が激混みで指定席が取れず・・。大宮から指定席を確保してやっと着席。
夕方に帰京。ペットホテルから犬を引き取って帰宅。

みなさん3日間お世話になりました。楽しかったです。マイソンも良い誕生日を迎えられました。
ありがとうございました。

Dec 312008

箱根

081231b.jpg
毎年恒例の慰安旅行。今年はロマンスカーで箱根。小涌園に15時ぐらいに到着。宿の隣にある「湯ネッサンス」へ。(某IT企業取締役を除く)プールなのか温泉なのかのボーダレスな空間感覚に戸惑いを隠せませんでしたが、お湯がぬるくて体が冷えたのは間違いありません。

夕食時「ふぐコース」が「鮪尽くしコース」に差し替えられているホテル側の陰謀もありましたが、眼力鋭い某ITベンチャー企業社長が看破、陰謀を阻止。ホテル側を大混乱に陥れることに成功。おいしくふぐを頂きました。(飲み物もワンローテーションのみサービス)

その後マイソンも一緒にホテルのバーへ。壮年の素敵カップルが軽やかに社交ダンスを踊って居た。そこへマイソンが謎の踊りで参入。素敵カップル早々に撤退。ゴメンナサイ。

途中で某IT企業取締役が箱根で同時期に行われている別の会合に出発したり、コンビニが23時で閉店していたり、その後部屋で27時ぐらいまでダラダラ飲んだり喋ったり。

Continue reading 箱根.

Aug 272008

Nagano 3日目

3日目。やや曇り。晴れていたら市民プールという予定でしたが、黒姫高原へ。

080825a.jpg
まずカブトムシとクワガタムシをリンゴ畑のなかの雑木林でリリース。このカブトとクワガタは隣の女の子から貰ったもので、元々はその子が長野で取ってきたもの。ただ卵を産んでも育てられないだろうから、しばらく観察させてもらって、この度無事お勤めご苦労さんという感じで長野に帰って頂きました。うまく仲間と合流して元気な卵を産んでもらえれば・・・(ちょっと長野が寒いから心配ですが)

その後フリーマーケットみたいなところへ。近所の農家の人が持ってきた野菜を売っているようなところ。100円ぐらいで買えてかなり安い。そこで野菜を購入して自宅へ配送。100円3匹でスズムシも販売されていて、前に中華街で購入した鈴虫を入れる籠とかに入れたら可愛いなとか思ったのだけど、嫁に却下。

ということで一路黒姫へ。
この辺は大学時代に教授の別荘があり、毎冬訪れていたのだけど、もう15年近く前の話。変わっているところもあれば、そのままのところもあり、なんかこう15年という年月の流れを改めて感じさせられて少し感慨深いものがあった。

まずはお義姉さんお奨めの「黒姫童話館」へ。
いやー景色がすごい、スイスみたい(行ったこと無いけど)
ガスが出ていて山頂は見えなかったけど、見渡す限りの平原と点在する建物。
建物の屋根のオレンジがコントラスト効いていてきれい。
080825b.jpg

Continue reading Nagano 3日目.

Aug 272008

Nagano 2日目

長野2日目。今日もちょっと肌寒いあいにくな天気。

昨夜から甥っ子の恐怖大魔王となっていた件は、お土産のゴーフレットを献上することで解決。ゴーフレット万歳!
080824a.jpg
>二人で連弾

お姉さんファミリーと一緒に近所のマクドナルドのプレイランドへ。いわゆるプラスチック版アスレチック。神奈川の方では店舗脇に併設されているのだけど、長野では店内にある。多分雪が降るからだと思う・・・。色々調べてみると店によってアスレチックのタイプも異なるらしい。本日のアスレチックはチューブを立体的に組み合わせた迷路のようなつくり。かなり大きく一番高いところは4m近くあるんじゃないだろうか??そこからチューブが滑り台のように下まで伸びている。チューブなので外に落っこちることはないのだけど、外から中の様子をうかがい知ることができないのが少し不安だけど、まぁ可愛い子には旅をさせろ!っと・・。

Continue reading Nagano 2日目.

Aug 262008

Nagano 1日目

080823.jpg
週末は2年半ぶりの長野。いつの間にやら2年半もご無沙汰していました。

080823c.jpg
今にも雨が降り出しそうなあいにくの天気で、かなり肌寒い。
まずは善光寺参りへ。参道にせんとくんの作者のお地蔵さんを発見。狸が可愛い。お土産屋でマイブームのペナントをゲット(しかもラスト1枚)!ペナントってもう製造されていないんですかね?もしかしてこれからプレミア付いていくのかしら?ドキドキ

080823b.jpg
境内のハトと戯れ、お参りして、お肉を買って電車にのって実家へ。

Continue reading Nagano 1日目.

Aug 222008

ハトヤ 2日目

ハトヤ2日目。

080818b.jpg
昨夜の夕食時に写真撮影サービスがテーブルをまわって撮影していた。(ちなみにカメラは銀塩。)朝食後ロビーにその写真が販売されていた。子供の写真はキーホルダーになって販売されていた。マイソンは非常におっさんくさい顔の写真だったので購入しなかった。しかしこの手のサービスを銀塩でやるっつーのはとても非効率だと思うのだけど、伊東にはまだデジカメが浸透していないのかも知れない。

080818c.jpg
天気回復してそこそこ良い天気だったので、ハトヤ内のプールでジャバジャバ。
最初怖がっていたマイソンも、段々慣れてきてハイテンション。最後はウォータースライダーで大喜び。
いや。普段まったく日に当たる生活をしていないのでかなり殺菌された気がします。
080818a.jpg

昼食はハトヤの中のレストランのバイキング。綿菓子の機械があり、自分で綿菓子を作れた。上手に丸く作れなかったけど面白かった。
080818d.jpg

その後再度海底温泉へ。こちらはテレビのCMで流れているきちんとした方。海亀が3匹回遊していた。魚も日本の魚で固められておりタイとかがうつろに泳いでました。うん、これぐらい立派だったら安心できる。しかし一体昨日入ったもう一つの海底温泉は一体なんだったんだろうか?

昼過ぎに電車に乗って帰京。大人たちは疲れきって眠たいのに、子供たちは元気。ジェネレーションギャップを感じました。

品川でみんなと別れ、その足で汐留のDさんに向かい打ち合わせ。アハン。

ハトヤとても面白かったです。
次はスパリゾートハワイアンズ養老天命反転地に行ってみたいと思います。

080818e.jpg
これは事務所へのお土産の「ハトヤサブレ」。
「ハトサブレ」ではありません。「ヤ」があります。

Aug 192008

ハトヤ:1日目

伊東温泉 ホテル サンハトヤに相方ファミリーと一緒に行ってきました。海底温泉、中国雑技団のディナーショーが主な目的です。

品川から踊り子に乗って一路伊東へ。本来列車での移動は乗っているだけなのでかなり快適なはずなのですが、幼児が二人も居るとそうも言ってられません。絶え間なく動いたり、叫んだりするので、逆に列車の方が周囲に気を使う分気疲れします。(特にうちの子の声はでかい・・)周りの家族連れは子供はみんなDSをしていたりして静かでしたが、それはそれで微妙な気もしますが・・・。

080817a.jpg
(ロゴ書体は結構ステキ。)

伊東に到着して送迎バスでサンハトヤへ。
車で通過したことは何度かあるのですが、中に入るのは初めて。ドキドキします。

080817b.jpg
1枚目:クロさん曰く「ゴージャス」ではなく「デラックス」なんだそうです。
2枚目:かつての最先端技術テレビ水槽
3枚目:今回の目玉、ドラゴンアクロバットディナーショー。

チェックインまでは少し時間があったので、早速マイソンと一緒に海底温泉へ。
海底温泉という名前から地下を想定していたのですが、何故か3階。
一抹の不安を感じながら入ってみました。

080817c.jpg
(アマゾンの熱帯魚・・・・?)


ガラガラー。

どーん。

目の前に広がる水槽。
おおー。

アマゾンの熱帯魚が20匹ぐらいうつろな目で浮かんでいます。
しかしショボイ。壁面の化粧が素塗りで倉庫水槽、もしくは実験施設のような印象。
テレビのCMで見たものとは全然違います。

しかしマイソンは大喜び。「オサカナーオサカナー」「ポーニョ、ポニョポニョ、お魚の子」と歌っていました。
しばらく経つとアマゾンフィッシュのあまりの覇気の無さに、興味の対象は泡風呂と露天風呂の岩場へ移ってしまいましたが・・・。(温泉内は撮影禁止のため写真はありません)

Continue reading ハトヤ:1日目.

May 132008

山中探訪 #2

山中2日目。
朝5時に一人で起きて朝風呂。
部屋に戻ったらマイソンが起きていて、お風呂に入るというので、一緒にもう一度朝風呂へ。
その後一人で鶴仙峡を散策。

080512a.jpg

家から200mぐらいの場所と言うこともあり、小さいころは良く遊ぶただの川だったが、大人になって改めてみるとすばらしい場所だ。ちょうど新緑の時期と言うこともあり、とても緑が美しかった。(しかし凍えるほど寒かった)


Continue reading 山中探訪 #2.
2  

Search and Archives

Tags