Results tagged “Book”

Dec 102008

旅の絵本

旅の絵本 / 安野 光雅
小さい頃に好きだった絵本の一つ。

文字は無く、旅人が一人馬に乗って旅していく様子が神様目線で淡々と見開きで展開して行きます。画面の中には旅人が通り過ぎる町で日々の生活を送るたくさんの人が細かく描かれていて、それらの生き生きした感じが好きで何度も繰り返し読んでいた記憶があります。


ところどころ隠れキャラみたいな感じで女風呂を覗いている人や、犬に追いかけられている人、森の中で女性をめぐって決闘している人、屋根の上で滑って転んでいる人などの衝撃的瞬間が描かれています。また他の小説や映画のワンシーン(トム・ソーヤとか)も織り込んであったりして、それを見つけるのも楽しかった。(今思うと決闘のシーンは戦争と平和から来ているのかもしれない) 他にもたくさん細かい仕掛けが仕込んであり、読むたびに新たな発見がありました。


それらをまとめて勝手なストーリーを作って楽しんでいた(暗い)訳ですが、最終的に直接本にマジックでストーリーを書き込んで台無しにしてしまったような覚えがあります。一体どんなストーリーを書き込んだのか思い出せませんけど、まぁ多分恥ずかしい感じだと思います。


子供の頃に持っていたのは3巻まででしたけど、Amazonで見ると全部で6巻あるようです。
一気に大人買いしてマイソンに上げたのですが、全然読んでもらえませんでした。
少し悲しい。

Dec 022008

The Demolished Man

「ぜんぜんつじつまが合わないじゃないですか。社会に反抗するだけの度胸と才能があるような人物は、かならず平均以上の人物に決まっている。そういう人間は、とっとかなくては。間違ってるところは治してやり、プラスの値打ちを持った人間に変えてやる。なぜ、無駄にしたりするんですか?そんなことばかりやってると、世の中は羊みたいな、ことなかれ主義の連中ばかりになっちまう。」

「どうだったのかな、ぼくにはよくわからんが。きっと、そのころは、羊みたいな人間だけが必要だったのかもしれませんな。」

1953 / Alfred Bester

Nov 062008

villain

痛いニュース(ノ∀`):【3kmひきずり事件】 鳥越俊太郎「(犯人は)根っからの悪人ではないと思う」

被害者の存在は「悪人」の存在する十分条件では無い。

差別される側の人間が清らかな善人ばかりだという話がフィクションだということは、誰でも気付いている筈だ。真実を書けないという作家にとって致命的ともいえる事実を、「善意」などというわけのわからない言葉を使って隠蔽し、自分で勝手に納得しているような作家のなんと多いことか! ~Faulkner

話それるけど、今年の夏ぐらいからリリースされている世界文学全集良いよね。日々の忙しさにかまけてこういう本を読まなくなってしまったけど・・・・。雑誌と漫画とライトノベルと技術書ばっか読んでいる気がする。(一応打ち合わせとかで電車に乗るときは読むようにしているけど)

Sep 292008

MdN web design studio file 2008

080929a.jpg
WEB制作会社総覧 2009: MdN編集部

会社じゃないんですけど、載せて頂きました。

Sep 222008

欧文書体 2 定番書体と演出法

欧文書体 2 定番書体と演出法: 小林 章, 嘉瑞工房: 本

出たの忘れていた・・・汗
買わなくっちゃ。

Sep 162008

球体 3

球体 3(2008): 立花 文穂
表紙がナベアツ。今回は出版社が六耀社からヨシモトブックスへ。

Sep 052008

コミュニケーションをデザインするための本

コミュニケーションをデザインするための本: 岸 勇希
電通の岸勇希さんの本。
とりあえず買い。

以前こちら(apeirophobia: 明日の広告)に書いた、上司の佐藤さんの本もとてもやさしく分かりやすい。
これから勉強したいと思っている人はこちらを読んでおくと分かりやすいかもしれませぬ。
初心者向けと書かれているけど、結構「はっ!」ってするところは多いです。
2時間あれば読めると思います。

Sep 032008

吉野家ではなくすき屋


キン肉マンXパンソンワークスVol.2 1BOX

チカラみなぎる!この一杯!キン肉マン祭り 8/28(木)より開催!!

オデの中ではキン肉マンは「吉野家」のイメージだったのだけど・・・・。
(漫画の中でも吉野家って言ってませんでしたっけ?)

ビジネス・・・・。

上のはもうかなりご無沙汰しているパンソンさんのデザインしたキン肉マンのフィギア。
カワユス。

Aug 282008

電話からルータをアップデート

ニューロマンサー

NTTからルーターをアップデートしてくれという連絡があった。事務所はその先にもう一台ルータをかましているので、直接出口のルータにアクセスできないのでノートとかで直接接続しないといけないので、めんどくせえなぁとか思っていたら。電話から特定の番号を押すと自動的にルータがアップデートするという。
どういう仕組みなのか分からないのだけど、実際電話してみるとルータがアップデートを始めた。

アナログとデジタルの融合!!
とか感動してしまった。(いや、多分デジタルとデジタルなんだろうけど)

昔なんかの映画で電話の受話器から聞こえる音声によってマインドコントロールする(scanners?)というのがあったけど、あんな感じでアップデートのプログラムコードが「ピーー!ガガガガ!ヒャーー!」みたいな音で受話器から聞こえてきて、それを音声からプログラム化してアップデートとかなんか意味無くステキだ。(今回のルータのアップデートはそんなことにはなって無いけど)

Continue reading 電話からルータをアップデート.

Jul 252008

パパチャリ

「ケイデンス90、時速25キロ!ムッフ~ン いいぞォー!!」
「いいーー!フルカーボンのこのしなり!
カンパのレコードにマヴィックのキシリウムSL!
いいーー!
実にいいーー!!」

「どけぇーータコォ!!!」

via:「毎月父さん:第18回戦」

Jun 292008

メモ:iPhone開発周り

iPhone Open Application Development: Jonathan Zdziarski


The iPhone Developer's Cookbook: Building Native Applications for the Iphone (Developer's Library): Erica Sadun


Professional iPhone And iPod Touch Programming: Building Applicatins for Mobile Safari (Wrox Professional Guides): Richard Wagner


日本語の書籍はでてないのかな?iTouchと基本的に仕様は同じと考えて良いのかな?
今まで無視してきただけにさっぱり分からん。
とりあえずメモw

Jun 222008

FLASH OOP for ActionScript 3.0

FLASH OOP for ActionScript 3.0
7月頭に発売開始だそうです。
ちなみに前の奴買っていますが、ザラザラって読んで終了してしまった・・・。
今回購入したら完読したいと思います。

今回の帯は誰のコメントがつくのだろうか?

Jun 062008

西の魔女が死んだ The Witch of the West is Dead

May 052008

Nokia 3110 Evolve

Nokia 3110 Evolve
トップ以外は本当に映像だけ。
こういうのが増えていくのかしらね?


映像を映像のままで使うというのは個人としてはまだなんか釈然としない部分があって、まだなんか素直に受け入れられない部分がある。ただそれはFlasherとしての自分の考えであって、ユーザとしては変なインタラクションがあるよりも、ただただ見ているだけで理解できるというメディアの方が親しみやすい部分もあるんだろうなぁ・・。

Mar 282008

アーティスト症候群

アーティスト症候群―アートと職人、クリエイターと芸能人
大野 左紀子

ふと買ってみた本。

アートってなんだ?って言われると、オデのように工学部上がりのアートに関してきちんと教育を受けていないものがおいそれと論じてはいけないような排他的な雰囲気がある。その辺若干のコンプレックスもあり、なんか分かるのかしら?と思って買って見た。

最初の方は芸能人アーティストをコケ下ろしている。
まぁ面白いんだけど、なんか週刊誌っぽいのりだ。


どうもアーティストってなんだ?っつーところはイマイチぼやけていてモヤモヤした感じが残る。


職人、クリエイターなどについて触れている部分はあるが、逆にそっちは明快に分かりやすい部分がところどころある。っつーかクリエイターに関しては結構痛いところを付いているんじゃないかしら?

アーティストの需要は、職人以上に少ない。それを目指しても、実際なれる人は一握りだし、職人以上に生活の糧を得る見通しは暗い。では、アーティストでもなし、職人でもなし、でも何かモノ作りに関わりたい・・・・という人が目指すものは何だろうか?
クリエイターである。

まぁでも言葉の定義をコロコロ転がして皮肉を言っているような印象の本でした。

俺の中にある

デザインはSEX
アートは相手を感動させれるオナニー

っつー思い込みが覆るほどの力は無かったです。
まぁでもなんかアートという世界の内情はなんとなく見えた気がする。


自分探しが止まらない (ソフトバンク新書 64)
速水 健朗

次に分からないものはこれかな???
別に知ったところで何の得にもならなさそうだけど・・・。

Mar 052008

せなけいこはすごい。

Amazon.co.jp: いやだいやだの絵本 4冊セット: せな けいこ: 本

この人の本は、もともと「ねないこだれだ」を持っていたのだけど(と言うかもらった)、この4冊セットも購入した。マイソンはこの人の本がとても好き。毎晩寝る前に「読んでー」と持ってくる。

もうほとんど暗記していて、ページをめくる前に「ぞうさーーん!」とか次のページに出てくる動物の名前を叫んだりしている。

それでも飽きずに読んでくれとせがむ。

話としては特に起承転結があるわけではなく、突然ぶっつりと話が終わる印象があるのだが、流れが反復をベースにした非常にリズムの良いものになっていると思う。そういった部分が子供にはとても面白いのかもしれない。

そして全体を通してそこはかとなく、普遍的な子供のしつけについて教えている。
このバランスはすばらしいなあと感じる。

セットに入っておらず、我が家に無いせなけいこの絵本は
Amazon.co.jp: あーんあん: せな けいこ: 本
Amazon.co.jp: おばけのてんぷら (めがねうさぎの小さな絵本): せな けいこ: 本
Amazon.co.jp: めがねうさぎ (めがねうさぎの小さな絵本): せな けいこ: 本
Amazon.co.jp: きれいなはこ (あーんあんの絵本 4): せな けいこ: 本
Amazon.co.jp: ルルちゃんのくつした (あーんあんの絵本 3): せな けいこ: 本
などがあるが、どれもとても素敵そうです。

「ねないこだれだ」などは1969年の本らしいが、
未だに売れ続けていることは本当にすばらしいことだと感じる。

ちなみに個人的に読んでみたいのは

Amazon.co.jp: ゆうれいとすいか (ひかりのくに傑作絵本集 (5)): くろだ かおる,せな けいこ: 本

Mar 032008

明日の広告

Amazon.co.jp: 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45): 佐藤 尚之: 本

取立て改めて言うことでもなのだが、広告とはコミュニケーションである。と思う。


デザインはそのコミュニケーションにおいて
伝えたいことを相手に伝える手法のひとつ。


相手が変化すれば、デザインの手法も変化する。


WEBサイトは構造は建築(構造物)に似たアプローチ、
含まれる広告は料理に似たアプローチだと感じる。


この二つが組み合っているところがとても面白いと思う。

Feb 282008

ボクの知らないボクのリビドー

amazonのWishListを久しぶりに見た。
168商品溜まっていた。

カートで保留されている商品も
110商品溜まっていた。

合計278商品へのリビドーが仮想空間の中で漂っている。
持ち主が死んでもフワフワ漂いながら残っていくのだろう。
どこかに漂着して朽ちることはあるのだろうか?
もし朽ちないでさまよい続けるだけだとしたら
その念は霊障を引き起こしたりするものだろうか?


ちなみにこれから供養しようとしているカートの中には
21商品、10万円近く入っている・・・。


閑話休題


WishListの中には2003年あたりから延々と追加された商品が入っていた。
5年前欲しかったが、未だに買えていないもの。
もう興味が無くなり買う必要が無いもの。
等がズラズラと並んでいる。
これら成仏していないリビドーの痕跡から
自分を見返すというのは非常に興味深い。
(表に残らない敗残兵の記録だ)


で、WishListの中でどうしても腑に落ちない商品がいくつかある。追加した記憶も無く、購入動機も今の自分で理解できない商品がWishListの中に入っている・・。
商品はこんな感じ・・・。

Continue reading ボクの知らないボクのリビドー.

Feb 072008

MdN デザイナーズファイル 2008

080207.jpg
MdN デザイナーズファイル 2008

また今年も掲載していただきました。
今年は装丁が結構変わってた。

全体としてWEBの人の割合がすごく減少して、
紙の人がものすごく増えた気がします。

来年は首かもしれない・・・・w


Dec 202007

U&lc: Influencing Design & Typography


U&lc: Influencing Design & Typography

ITCの季刊誌U&lcの100号分からの選りすぐりをまとめた本だそうです。
買っとくかな・・・ということでメモ。

via:デザイナー・クリエイターの為のフォント情報

  1 2 3 4 5 6 7  

Search and Archives

Tags