Results tagged “Web”

Jan 272009

ブログでの謝罪

デーモン小暮は律儀ですね。
ただ炎上しているブログとかは、こういう至って普通の謝罪をキチンと出来ていないというだけなのかも知れない。悪魔だけどとても常識人である。

さて、本日未明、吾輩がこの場に「ゆゆしき問題である!」という表題にて、麻生総理大臣および日本相撲協会関係者を批判する書き込みをおこなったが、それは吾輩の見当違いの発言であったことが判明したので、ここにその文章を削除するとともに、この場を借りて、麻生総理大臣と日本相撲協会に謝罪いたす。

その書き込みは「麻生首相が靴を脱がずに表彰式の土俵に上がった」と決めつけて書いてしまったが、実は光沢のあるスリッパであったと関係者からの指摘を受け、吾輩も追ってそれを確認した。

麻生総理大臣には何の否もなく件の文章はとんだ言いがかりであったとともに、また「注意をしなかった」と日本相撲協会にも見識を誤った物言いをつける結果となってしまった。

今後は、この場もマスメディアであるという自覚のもと、ちゃんと事象の確認をおこなって発言をしてゆく所存である。
デーモン小暮閣下の地獄のWEB ROCK: Jan.26.DC11:相撲解説。(一部、謝罪も含む)

Jan 132009

エコライフ

らばQ:Google検索2回で、やかんを沸騰させるCO2排出量

結構電力使ってるんですね。
下手したら1日でお風呂沸かすぐらい検索しているかも知れない・・・。

前にも書きましたが(エコサイト)、本当にエコを啓蒙するエコサイトを作るのであれば、そのサイトを閲覧している間の消費電力が分かりやすい形で見えたりすると良いのかも知れません。(エコを啓蒙するためにこれだけ電力を使っている、つまりこれだけ電力を使わないと君にエコ啓蒙できない、だからこのサイトで見たこと感じたことを大事にして、何か出来ることを実践してくれ!みたいな・・・?)

確かGoogleのサーバってグリーンエネルギーとか使っていた気もしますが(投資して取り組み中?)、それと二酸化炭素発生量の問題はまた別なのかしら?

まぁなんにしてもこのエントリーを書いていることも、二酸化炭素を発生させている要因ではあります。駄エントリーの多いこのブログ。そろそろ閉鎖するのも一つの道なのかも知れませぬ。

Dec 132008

LOVE DISTANCE

ずーっと前にエントリーに書いていて公開するか迷っていたのですが、今後の自分のWEBの企画ってところでも意味を持ちそうな企画なので公開しておくことにします。(まぁ大体色々なプロジェクトについて同じように考察してエントリーして公開はしないのですが・・・)

"LOVE DISTANCE":http://www.lovedistance.jp/
詳しくはサイトの方を見てもらうとして、概要は

『LOVE DISTANCE~僕らは、10億ミリ離れていた。~』は、愛する二人が別々の地点からランニングを開始し中間地点辺りで再会する、という「恋愛における距離」をテーマにしたストーリーを伝える視聴者疑似体験型ウェブコンテンツです。

というもの。

二人の男女が走っていく様子がネット上でリアルて公開されていて、それを見つつ恋愛について考えるという趣旨の企画です。

何が興味深いか?というと、企画がTVへの回帰的なものであるように見えるという点と、それをネットで展開しているという部分。

Continue reading LOVE DISTANCE.

Sep 032008

google chrome

080903.jpgGoogle Chrome
リリースされました。軽くて早いです。
Flashも心持ち早い感じがします。(プラグインは何を使ってるのか分からないけど)ページのソースを見る「要素の検証」は結構ステキです。Firebugみたいな感じ。

現状の機能は最小限ですが、オープンソース+βということなので、これから色々付いていくのかも知れません。

軽く使った範囲での感想としては、WEBをサイトとして捉えているのではなく、アプリケーションとして捉えて、ブックマークというよりはデスクトップにWEB Serviceのアプリケーションショートカットを配置する。という思考のようです。恐らくWEBを見るブラウザというよりは、Googleのサービスを擬似ローカルアプリとして使用していくためのインターフェイス(?)という役割を持たせていくという思惑があるような気がします。

Continue reading google chrome.

Jul 152008

テレビCMという媒体の価値

自分が子供のころテレビCMを流している会社というのは、それだけで一流会社!という雰囲気があったが、最近そういう感覚が無いことにふと気づいた。

10年ぐらい前から消費者金融のCMが乱立し、それが収束すると同時に最近はパチンコメーカーのCMの乱立。ゴールデンタイムにテレビをあまり見ないので、その時間帯のことは良く分からないけど、深夜のCMを見ている範囲ではテレビCMは雑誌の裏側のページの広告、もしくはスパム並みの感じ。
インターネットの新しい媒体の台頭、趣味趣向の多様化等の理由もあるだろうけど、自らその地位を貶めて深みにはまっているようにも見える。

これと同じことは当然ながらインターネット広告にも言えることで、2,3年後スペシャルサイトという存在がどのように捉えられているか?はちょっぴり頭の隅で覚悟しておかないといけないんだろう。
当然、そうならないようにこの業界に関わる人たちは努力しないといけないのだろうけど・・・。
自分自身がインターネットに興味を失ったりしたら、まぁそれはそれなんだろうな。

Jul 082008

これなに?>

080708b.jpg
最近「」の文字がブラウザ上でよく表示されているのを見るのだが、これはなんだろう?
とりあえずアマゾンの次へとかのリンクの横に見える。
ショートカットを設定していることを意味しているのか?(アマゾンだと"N"2回押しで次のページ)
それともオデのPCがバグってるのか?

Jul 072008

自分のサイトのエリアを売るの巻き

Jul 052008

今更ですが、ロングテール

Web2.0を特徴づけるキーワードとして「ロングテール」というキーワードが使われることが多い。通常の店舗では品目数上位20%が全体の売り上げの80%を占めるのが普通だが、ネットのビジネスでは残り80%の品目の売り上げが上位20%の売り上げを上回る──代表例はアマゾン(amazon.com)だ──というように表現されることが多い。 : アマゾンと、ロングテールに関する“大きな勘違い”:NBonline(日経ビジネス オンライン)
(http://business.nikkeibp.co.jp/article/nmg/20071022/138239/)

大分前の記事だけど、改めて読むと以前には気づかなかったことに気づいたりする。
おぉ、なんかオデこの歳になってもまだ少し進化しているのかしら?とか思った。(元々のレベルが低いとも言うが)
まぁちょっと今そんな感じの案件を抱えているので、昔ブックマークしていたその辺の資料を再読して、色々頭の中を整理している金曜日午前2時半。

今日は夜も結構蒸してます。

Jun 272008

WEBの世界とは何か? Part2

4ヶ月ほど前にWEBの世界とは何か?ってエントリーを書いたのですが、予想を上回る形で展開してました。

mixiのニュースに"ネットスター"と呼ばれるアマチュアアーティストの記事があって、それを何の気なしに見ていたところ、こんなの発見。

す・・すごい。前のエントリーでは「繋がる」要素が「発信+閲覧」「感想」ぐらいしかなかったため、なんか片手落ちに感じていましたが、こういう形で繋がるとは思わなかったです。(この馬の人は前から知っていたけど) バンドやっていた人は分かるかも知れませんが、発表の場って中々無い訳です。スタジオ代も馬鹿にならない上にチケットノルマなんて続けていたら友達無くします。そういう部分でもこれはちと目から鱗。ニコ動のコメントの中には「実際にバンド組んでくれ」というコメントが多々見受けられましたが、やるならば、みんな自宅で、ネット経由でジョイント、それを同時配信っつーのでどうだろう?FMSとか使えばどうとでもなるっしょ?
これを有料にした場合に見に来る人が居るかは知りませんけど、経緯が経緯だけに全うにどっかの箱で演奏したって面白くない、ここは敢えて箱から出ないで表にでるってのが面白そうだなあって思います。なんかちょっと音楽の形としても面白いんじゃないかしら?(ってもう誰かやってるような気もするけど)

あ、ちなみにニュースではこれにボーカルを付けたものがピックされていた訳であります。
それはこっち

Continue reading WEBの世界とは何か? Part2.

Jun 252008

web3.0

080625.jpg
web2.0という、なんとも捉え所の無い言葉が流行ったのが3年ぐらい前。それについての個人的所感は置いておいて、その中の一つの要素を「ユーザのデータの蓄積、および共有」とするならば、魍魎跋扈していた各種サービスも淘汰集約されてきて目的は達成されつつある(良いか悪いかは別として)。で、俺たちこの先どーすんだ?という微かな閉塞感を漂わせつつ模索している。その中で集積された情報から新しい情報に到達する、というフローは一応普通にやられているが、まぁまだテキスト(タグ)ベースが主体。つまり人間が認識している情報をマッチングさせているだけに過ぎない。

そんな中で、これim2gps: estimating geographic information from a single imageとかちょっと素敵な感じがする。
(これとかこれは笑えるけど・・)

via.New Computerized System Estimates Geographic Location Of Photos

Continue reading web3.0.

May 302008

アーティスト支援宣言/my space

: MySpace Japan オフィシャル・パートナー

MySpace.com : MySpace.cafeは、Webとリアルを繋ぐ場所。クリエイター支援の趣旨に賛同していただいたカフェのスペースを無料ギャラリーとしてクリエイターの皆様に提供したり、さまざまなクリエイター支援活動を行っています。ユース・カルチャーに強い影響力を持つカフェで、あなたの作品を展示してみませんか?

色々やっていくみたいです。なんだかんだと音楽系は一番my scapeが情報が早い。(見づらいけど)
そしてソニー系は相変わらずこういうのには参加しない印象があるなあ・・(自前であるのかしら?)
これまでも様々な形でこういう企画は行われていたわけだけど、結局自称クリエイターが集まってくると結局ノイズが大きくなってしまって・・・ごにょごにょ・・・。

Facebookとも少し強く連携しないのかしらね?

Apr 092008

SQL インジェクションによる Web サイト改ざんに関する注意喚起

JPCERT/CC Alert 2008-03-14
SQL インジェクションによる Web サイト改ざんに関する注意喚起

仕組みはイマイチ分からないですが、
なんかそういうことらしいです。

Windowsだけの問題なのか、Macも含まれるのか?
カスペルスキーが対応しているのか分からないですが・・・。

Mar 122008

flaファイルがGoogleで検索できる。

PublishFormatProperties - Google 検索
偶然発見。
知らなかった・・・・。
何故かmicrosoft wordのファイルとして・・・・汗

バイナリ内のパブリッシュ設定情報がキーになっている・・・汗
恐るべし。

Mar 102008

WEBの世界とは何か?

オデの中ではこゆ感じ。ここ数年で一番的確かも。
このページを見るだけでWEBの本質を伝えられるんじゃないかしら?


Continue reading WEBの世界とは何か?.

Feb 282008

さようならstage6

本日でStage6がサービスを終了する。
今まで順調にユーザ数を増やし、評判も良かっただけにそのサイト閉鎖の理由が取り沙汰されていた。で、昨日こんなニュースを発見。(英語だともっと早くリリースされていたのか?)


Stage6閉鎖の裏にシリアス・ドラマと愚行の数々


投資ゲームとかやっている上流の人間は、サービスも人間がいないと運用できないということを見失いがちだとでもいうことなのだろうか?中規模のWEBデベロップで想像してみると・・。社員が全員離職して社長一人、だがHTMLさえ打てないため、会社のインフォメーションに新入社員募集のアナウンスさえできない・・・、ただ運用案件の更新日は刻々と迫っている・・・って感じか?(多分違う)


巨額の富を一夜でその手につかむのもアメリカンドリームだとするならば、
掴みかけたその富が指の間からこぼれて消えてしまうのもアメリカンドリーム。

そしてアメリカら日本に戻ってきた某はてなの社長が彼の地で手に入れたものは何か?
梅田望夫とのティータイムか?(別にどうでも良い)

Apr 042007

ハッピークエスト終了

真鍋かをりを擬似社長に据えて華々しく公開されたサービス。ハッピークエスト

サービス開始時は色々なニュースで取り上げられ話題になっておりました。会員数も10万人近くまで増えていたらしいですが、サービス開始7ヶ月でひっそりとサービス終了だそうです。

クローズの理由は「弊社の諸般の事情」とのことで詳細は不明ですが、なんか華々しいスタートだっただけに気になります。

経済的な理由なのか、はたまた他の理由なのか・・?
ちょっとだけ気になります。
誰か知ってたらそっと教えてください。

Mar 262007

Google Apps Premier Edition

いまさらで何ですが、忙しくってメモすらしてなかった。
Google Apps Premier Edition

Docs & Spreadsheetsがリリースされた時点でこのサービスがリリースされるであろうことは予想できたのだけど、思ったよりも早いタイミングだった。

スタンドアローンアプリケーションの過剰装備は本当に必要なものなのか?
ネットワークを介したリソースのバリアフリー化の方が望まれているのではないか?
これでポータルは死ぬのか?これでアプリケーションは死ぬのか?
もっともこれを使いこなせる企業はあるのか?

興味深い。

Mar 242007

日本ウェブ協会

日本ウェブ協会というものが設立されるらしいです。
日本ウェブ協会 / http://www.w2c.jp/
設立発起人代表:森川眞行さんは有名な方のようです。
詳しくは設立骨子PDFがあるのでを読んでみて下さい。
オデは良く分からないので、コメントは差し控えておきます。

そういえばこういうのもありました。
今見てみるときちんと活動しているようです。

この業界も無法地帯からだんだんと整備されてきましたね。
ただ整備するというのは概ね何かしらの意図や思惑があるものですが・・。
免許制とかになったらどうしよう・・・。

Feb 242007

Statsronk

Statsronk
自分のサイトのステータスを表示してくれるサービス。
しかし情報は画像としてやってきます。データではありません。ちょっと微妙。
Bubble Linkってやつもあるですね。(これはページからリンクしているサイトのstatusを見せてくれるもの。ただし重い)

こういう自身のページの情報を外にさらす意味ってのはサイトの評価、信頼性のアピールということですかねえ?ボリュームを評価基準とする時期はもう終わったかなあって勝手に思っていたりしますが、まだそんなことはないのかな?deliciousやらStumbleやらDigとかハテナとかそういうフェーズに移っているような気もするんですけどね。ただこのサービスのロゴも反射しているのでロゴ的にはweb2.0のようです。

そういや今FlashでSOAP連携とかやってるんですが、結構便利です。まだ引数の受け渡しに慣れていませんが、慣れたらRESTとかでやるよりも便利そうですね。ただSOAPサイドを誰が作るか?っていう問題はありますが・・・。

Feb 162007

ベンツもsecond lifeかーー!?

mercedesbenz_in_sl_21.jpg
何かと話題のSecond Life
私は大分前に登録だけして、何もしないまま、登録情報を忘れています・・・汗

・・・が、

ついにベンツも店を出しました・・・(汗
Mercedes-Benz to launch a virtual presence in Second Life on February the 20iest(といってもmixed tapeのGIGとかいう感じみたいです)

ちなみにロイターもこの中に支局を持っていたはず。

そういや2週間ぐらい前に「電通とデジタルハリウッド大学院、「セカンドライフ研究会」「セカンドライフ研究所ジャパン」の設立を発表」なニュースもありました。最初なんかの冗談なのかと思ったけど・・・。

これそんなに面白いの?w
ゲーム内のお金を現金に換金できるということで、数百万実際に稼いだ人がいるとかいないとか・・・。

実際のお金を動かすことをある程度目的にして、企業の出店を前提としたカタチになっているみたいだから、その辺ユーザーというよりも企業の方での盛り上がりがすごいっぽいけど、実際ユーザとしてはどうなんでしょう?(今まではゲーム画面の中の壁にポスターぐらいしか貼れなかったしね)

あまりゲームをしないので良く分からないんですけどね・・・。
誰かやってる人いたらレポートしてください。
個人的にはニートにとってはまさに朗報!といった感じですが・・・。

ちなみにSecond Life Play Report はものすごく面白いw(Second Lifeがどーのとかいう問題ではないけどw)
Second Life Wiki

  1 2 3 4 5 6 7 8 9  

Search and Archives

Tags